Minerva text library<br> 持続可能な開発のための教育(ESD)の理論と実践

個数:

Minerva text library
持続可能な開発のための教育(ESD)の理論と実践

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年08月25日 18時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 291p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623064854
  • NDC分類 519.07

内容説明

「つながり」「多様性」「知」。ESDのキー概念と実践を、教育、環境、ネットワーク、マネジメントの4つの視点からわかりやすく解説。

目次

ESDとは何か
第1部 教育論の視点から(持続可能な社会に向けた教育;ESDと生涯学習;ESDと人材育成;持続可能な社会にむけたソーシャルスキル;実践コミュニティからみた持続可能な発展;ESDと学校教育)
第2部 環境論の視点から(環境教育とESD;ESDのための『KODOMOラムサール』;アジアにおける高等教育の展開)
第3部 コミュニティとソーシャルキャピタルの視点から(コミュニティ再生に関する理論的フレームワーク;地域資産・認知・可視化・行動変容;ネットワーク再論―ESDを考える上でのいくつかの事例と考察;情報流通・信頼醸成に支えられたESDを目指して)
第4部 マネジメント・社会倫理の視点から(企業構造論対人体構造論―持続可能な文化社会のための企業体系;持続可能な社会の統制と刑法;CSR経営;持続可能なツーリズム社会の到来を目指して―観光の「公益化」とそれを支える地域「民力」の可能性;人権における文化の変遷)