ビジネスの発見と創造―企業・社会の発展と経営学

ビジネスの発見と創造―企業・社会の発展と経営学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 307p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623064731
  • NDC分類 335.1
  • Cコード C3034

内容説明

立命館大学経営学部創設50周年記念論文集。立命館大学経営学部では、「ビジネスを発見し、ビジネスを創造する経営学」の教育と研究という理念に基づいて、経営学を多角的に、かつ深く学ぶ教育の実現をめざしている。現在その最前線で活躍する教員が各専門分野における研究状況、研究の実践を示し、今後のさらなる学部と研究の発展につなげる。

目次

第1部 企業理念・戦略(コーポレート・ガバナンス論と日本企業の経営;企業統治と管理会計;ドラッカーの企業統治観から学ぶ;日本企業の戦略転換)
第2部 国際経営・技術経営(アジア新興国の市場変化と開拓戦略;中国中小企業の発展と日本の経験;新技術開発と生産・事業モデル革新―マツダ・SKYACTIV技術開発を事例として;デザイン・イノベーション研究の課題―デザイン・リサーチとテクノロジカル・リサーチとの相互作用)
第3部 会計・ファイナンス・エコノミクス(イギリスにおける発送電分離と核廃棄物負債―ブリティッシュ・エナジー社の事例に焦点を当てて;日本の大企業における資本構成のダイナミズム―ターゲット調整モデルを用いたトレードオフ理論分析;公企業の経営史―日本鉄鋼業の歩みとの関連で;杉榮と忘れえぬ人々―1930年代日本の統計基礎理論の周辺)
第4部 組織・人事(緊急事態に対応する組織―福島原発事故からの考察;地域活性化のためのリーダーシップと組織文化;大学生活協同組合の発展と今後―立命館生活協同組合を事例として)
第5部 言語・教育(断頭台へ送られた司祭ローマン・カール・ショルツ;日英経済新聞社説の対照修辞研究―Stance表現とEngagement表現)