ドイツと日本「介護」の力と危機―介護保険制度改革とその挑戦

個数:

ドイツと日本「介護」の力と危機―介護保険制度改革とその挑戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年02月28日 09時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 264,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623060955
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C3036

内容説明

日本の介護保険制度の手本となったドイツの介護保険制度が「危機」に陥っている。そのドイツの現状から、今後の日本の改革への方策を探る。現場での介護放棄、拘束など介護の質の低下。上昇し続ける介護コスト。こうしたドイツの介護の変貌ぶりを多面的に捉え、介護保険の制度改革のさまざまな挑戦から、今後の日本の改革への方策を探る。

目次

第1部 介護保険制度の危機(虐待と介護保険;介護保険とは何か;検証―足りない介護保険;介護の質の限界と制度のひずみ)
第2部 動き出した改革(「介護の質」重視へ―第一次改革;量的拡大を模索―第二次改革;要介護認定見直しへ―第三次改革;負担増と政治)
第3部 介護を支えるシステム、そして日本(ホーム監視局、外国人労働者、成年後見制度;日本の介護保険制度;透明性を確保し負担増を―独日比較)

著者等紹介

斎藤義彦[サイトウヨシヒコ]
1965年滋賀県生まれ。1989年毎日新聞入社。岡山支局、大阪本社特別報道部、社会部で臓器移植、安楽死、障害者の権利擁護など医療や福祉問題を主に取材。その後、ベルリン特派員として戦争後のイラクなどを取材。2011年~ブリュッセル特派員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。