母と子で克服できる摂食障害―過食症・拒食症からの解放

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 249,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784623058969
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C0011

内容説明

摂食障害(過食症・拒食症)の背景には、母と娘の愛憎ドラマが多く見られます。二人がカウンセラーの導きや父親のサポートを得て葛藤を乗り越え、分かりあい支えあう関係に生まれ変わることで、驚くほど症状は良くなっていきます。本書では、こじれる前の初期段階の事例から始まり、早く手を打てば良くなる段階の事例、そして長期化していても克服できることを示す事例を紹介し、症状レベルに合わせた適切な対応やアドバイスをまとめています。

目次

序章 摂食障害(拒食症・過食症)とは?(摂食障害(拒食症・過食症)はなぜ起こる?
拒食症とは? ほか)
1章 はじめが肝心、早期解決をめざそう―初期:発症~二年目くらいまで(摂食障害(過食症・拒食症)はこじれやすい
初期のころによく見られる母娘のトラブル事例(過食症) ほか)
2章 「少しこじれだしたな、早くなんとかしなければ」―中期:三~五年目くらいまで(中期のころによく見られる母娘のトラブル事例(過食症)
過食症の注意点―ここを踏ん張れば、悪化は防げます ほか)
3章 こじれて長期化していても適切な対応で克服できる―長期化:六~一〇年以上(長期化してこじれた摂食障害(過食症・拒食症)克服への道
「あきらめないで。こじれていても良くなった人がたくさんいます」)

著者等紹介

福田俊一[フクダシュンイチ]
1975年大阪大学医学部卒業。大阪大学精神神経科・大阪府立病院神経科で精神医療に取り組む。1981年フィラデルフィア・チャイルド・ガイダンス・クリニック(PCGC)にて家族療法を学ぶ。1983年淀屋橋心理療法センターを開設。1984~1986年厚生省・神経性食思不振症調査研究班メンバー。2003年大阪大学医学部非常勤講師。現在、淀屋橋心理療法センター所長。専攻、家族療法、精神医学

増井昌美[マスイマサミ]
1968年関西学院大学文学部卒業。シティ・バンク、N.A.大阪入行。1971年エンサイクロペディア・ブリタニカ東京勤務。1978年精神医療の翻訳に従事。1984年淀屋橋心理療法センター勤務、家族療法を学ぶ。現在、同センター家族問題研究室長、ファミリー・セラピスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。