ミネルヴァ日本評伝選<br> 斎藤茂吉―あかあかと一本の道とほりたり

個数:

ミネルヴァ日本評伝選
斎藤茂吉―あかあかと一本の道とほりたり

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月24日 18時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 345,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623057825
  • NDC分類 911.162
  • Cコード C0395

内容説明

斎藤茂吉(一八八二~一九五三)。歌人、精神病医。万葉の伝統的な調べに近代の感覚を盛ったと評される茂吉。だが、その「伝統」が近代の産物だとすれば、彼はいったい何をしてのけたことになるのか―『万葉集の発明』の著者が満を持して世に問う問題作。

目次

序章 棺を蓋いし時
第1章 ことばのありか―歌と出会うまで
第2章 迷妄と異能―左千夫に入門したころ
第3章 にんげんの世に戦きにけり―『赤光』の歌境と『万葉集』
断章 声調とは何か
第4章 ことばのゆくえ―大正期における万葉調の変質
第5章 配役と熱演―国民歌人の昭和戦前期
第6章 こころの貧困―国民歌人の戦中と戦後
終章 配役の転倒

著者等紹介

品田悦一[シナダヨシカズ]
1959年群馬県生まれ。1988年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得修了。聖心女子大学文学部教授を経て、東京大学総合文化研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メルセ・ひすい

3
13-127 赤72 鉄道のない山形…徒歩で関山峠を越え、仙台で生まれて初めての「最中」を食し、上野の夜を迎える。曰く「世の中にこんなに明るい夜があるのだろうか!」… そして東大医学部へ作歌に凝ってしまい成績は132名中ラストマイの131位。。万葉の伝統的な調べに近代の感覚を盛ったと評される、歌人/精神病医・斎藤茂吉。だが、その伝統が近代の産物だとすれば、彼は一体何をしてのけたことになるのか。著者が満を持して世に問う問題作。                            2010/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/636909
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。