人事アセスメント論―個と組織を生かす心理学の知恵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 244p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623044375
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C3034

内容説明

人事アセスメント事業に長年携わってきた著者が、心理学をベースとする、実践科学としての人事アセスメントの理論と技術をわかりやすく解説した、実務家・研究者のバイブル。実証的データを豊富に紹介し、経営管理者の『眼』を支える人事評価の重要性と有効性を唱える。

目次

第1章 人事アセスメントのめざすもの
第2章 企業人能力のとらえかた
第3章 資質を評価する―適性検査
第4章 職務行動を評定する―多面観察評価ツール
第5章 実践的能力・スキルを評価する―アセスメントセンター方式
第6章 能力・スキルを評定する―人事考課
第7章 総合的に企業人能力と人格を評価する―面接評定
第8章 人事アセスメントの設計法
第9章 人事アセスメント技術の展望

著者等紹介

二村英幸[ニムラヒデユキ]
現職:株式会社リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所長。1947年生まれ。1969年名古屋大学教育学部教育心理学科卒業、株式会社リクルート入社。1989年人事測定事業研究所の分社に伴い転籍。会社は2004年リクルートの教育事業と統合し、株式会社リクルートマネジメントソリューションズ発足。この間一貫して、適性検査などの人事アセスメント事業や人事・教育サービス関連事業に携わり主に研究開発を担当
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

公正感・納得が得られる評価のための理論と技術。