手話でいこう―ろう者の言い分 聴者のホンネ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784623042548
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0095

内容説明

最初のケンカの原因は「物音」だった―。「聞こえる世界」と「聞こえない世界」の接点に向かい合わせに立つ夫婦の日常。

目次

第1章 いつものくらし(ろうの飼い主を呼ぶ方法;カウンターキッチン ほか)
第2章 聞こえる世界の中で(朝から「?」;家の中の手話 ほか)
第3章 ねこ、大学へ行く(ろう者が大学で学ぶとき;カミングアウトは解放につながらない ほか)
第4章 異文化との出会い(みにくい矛盾;旅行社の一筆文書 ほか)

著者等紹介

秋山なみ[アキヤマナミ]
本名・秋山奈巳。1972年、大阪生まれ。プール学院短期大学(現プール学院大学)英文科卒業後、OL生活などを経て、2001年同志社大学文学部に編入学、講義保障の運動に取り組む。現在、同大学科目等履修生

亀井伸孝[カメイノブタカ]
1971年、神奈川生まれ。京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了(生物科学専攻)。現在、関西学院大学COE専任研究員。専門は、人類学・アフリカ研究
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

手話で暮らす二人の日々、二つの世界の接点。