Minerva福祉ライブラリー<br> 雇用労働とケアのはざまで―20カ国母子ひとり親政策の国際比較

個数:

Minerva福祉ライブラリー
雇用労働とケアのはざまで―20カ国母子ひとり親政策の国際比較

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 327p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623042470
  • NDC分類 369.41
  • Cコード C3336

内容説明

福祉国家はどのように女性の社会的権利を形づくり、とりわけ女性の雇用労働とケア提供との関係をいかに構築しているか。本書は、20カ国の雇用労働とケアをめぐる母子家庭に対する政策環境の構造と成果を比較分析するとともに、フェミニストの比較福祉国家研究への新たな方向を示唆する。

目次

第1章 福祉国家と女性の市民権―雇用労働とケアをめぐるジレンマ
第2章 メインストリームの比較福祉国家研究―レビュー
第3章 フェミニスト視点による比較福祉国家研究
第4章 福祉国家における女性の雇用労働とケアに対する関係―(母子)ひとり親を分析対象とする理論的根拠と研究方法
第5章 国家分類1:「貧困な母親」グループの国々―オーストラリア、アイルランド、ニュージーランド、イギリス
第6章 国家分類2:「貧困でない母親」グループの国―オランダ
第7章 国家分類3:「貧困な労働者」グループの国々―オーストリア、ドイツ、ギリシャ、イタリア、日本、ルクセンブルク、ポルトガル、スペイン、アメリカ
第8章 国家分類4:「貧困でない労働者」グループの国々―ベルギー、デンマーク、フィンランド、フランス、ノルウェー、スウェーデン
第9章 雇用労働、ケア、移行期における社会的権利の形態―20カ国の収斂と分岐のパターン
第10章 女性の社会的権利とアウトカムの国際的差異―検証結果と今後の課題

著者等紹介

渡辺千寿子[ワタナベチズコ]
1975年仏教大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻修士課程修了。仏教大学社会福祉学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。