子どもの発達臨床と学校ソーシャルワーク

個数:

子どもの発達臨床と学校ソーシャルワーク

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月25日 04時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 238p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623041442
  • NDC分類 371.43

内容説明

いじめ・虐待・不登校・非行…子どもに表れるさまざまな「問題」、それは子どもたちのSOSのサインです。そうした「問題」に悩んでいる人々に、小学校から中学校期への発達をたどり、それぞれの時期に特徴的な事例を取り上げながら対応のポイントをしめします。子ども一人ひとりに最善の支援をするためには、学校と家庭や援助機関が連携し、さらに協働しつづけるほかありません。子どもたちの発達の視点をふまえて、さらに心理臨床の視点・学校ソーシャルワークの視点と結びついたよりよい援助のありかたを探ります。

目次

序章 子どもの発達を援助・支援するために
第1章 学校生活の始まり(小学校低学年)
第2章 仲間集団の中で(小学校中学年から高学年)
第3章 大人を見る目、自分を見る目(小学校高学年)
第4章 子どもから大人へ(中学生)
第5章 子どもの幸せのための大人たちの協働

著者紹介

古橋啓介[フルハシケイスケ]
福岡県立大学教授。九州大学大学院教育心理学専攻博士後期課程単位取得後退学。教育学博士、臨床心理士

門田光司[カドタコウジ]
福岡県立大学教授。大阪教育大学大学院障害児教育修了、同志社大学大学院社会福祉学博士後期課程中退。教育学修士、社会福祉学博士、臨床心理士

岩橋宗哉[イワハシムネヤ]
福岡県立大学助教授。九州大学大学院教育心理学専攻博士後期課程単位取得後退学。教育学修士、臨床心理士、精神保健福祉士

出版社内容情報

三領域の連携から問題行動を理解・解決する。