Minerva福祉ライブラリー<br> アメリカ おきざりにされる高齢者福祉―貧困・虐待・安楽死

個数:

Minerva福祉ライブラリー
アメリカ おきざりにされる高齢者福祉―貧困・虐待・安楽死

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 249p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623039968
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C3336

内容説明

医療保険・介護制度の不備の中で、貧困の果てに自由を奪われ、虐待にあえぎながら死んでいく米国の老人たち―虐待の背景から安楽死の問題まで、綿密かつ多角的な現場取材が浮き彫りにした、弱肉強食の内実と改革への取組み。

目次

第1部 虐待―荒れ野の老人たち(急増する虐待;孤立と貧困;貧しい福祉、無力な政治)
第2部 セーフガードシステム(改革の前に立ちはだかるもの;虐待に挑む諸制度;情報公開とアドボカシー)
第3部 延命中断・安楽死(延命をめぐる対立;延命と文化、制度、法;積極的安楽死)
アメリカと日本

著者等紹介

斎藤義彦[サイトウヨシヒコ]
1965年滋賀県生まれ。1989年毎日新聞入社。岡山支局、大阪本社社会部、外信部を経て、現在、ベルリン支局記者。臓器移植など医療問題、老人や障害者の人権、介護保険制度、国際政治などを主に取材
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

老人が直面する問題と対策を徹底取材。