親族による性的虐待―近親姦の実態と病理

個数:

親族による性的虐待―近親姦の実態と病理

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月21日 14時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 325p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623038916
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C3036

内容説明

最近わが国でも大きな社会問題となっている子ども虐待の一形態である「インセスト=近親姦」の問題に対して、精神医学、心理学などの近接学問諸領域の成果にも目を配りながら、社会学的視点を中心に据えてメスを加えた研究書である。実態調査を踏まえて、また文献研究を通して、さらに実践活動からの知見をも加味して、インセストをめぐる諸々の病理とそれへの対応のあり方について論じている。

目次

第1章 性的虐待としてのインセスト―近親姦の本態と現状
第2章 インセスト的虐待をめぐる事実と神話―近親姦の実相
第3章 インセスト的虐待の伝統型と現代型―日本の近親姦
第4章 インセスト的虐待のトラウマ―近親姦の影響
第5章 インセスト的虐待の加害者たち―近親姦の発生メカニズム
第6章 インセスト的虐待の被害者たち―性的被害調査から見えてきたもの
第7章 インセスト的虐待の実情―総括

著者等紹介

石川義之[イシカワヨシユキ]
大阪樟蔭女子大学人間科学部応用社会学科教授(社会学専攻)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

インセスト(近親姦)問題の本格的研究。