叢書・現代社会のフロンティア<br> マクドナルド化と日本

個数:

叢書・現代社会のフロンティア
マクドナルド化と日本

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 317,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623038671
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C3336

内容説明

近年注目を集めるマクドナルド化理論。日本は、アメリカ社会と同様にマクドナルド化するのか、またはしているのか。この難問に対し、理論の提唱者G・リッツア教授のみならず、日本側の第一線の研究者が解明を試みる。

目次

第1部 国際シンポジウム「グローバル化時代の日本文化―マクドナルド化現象と日本」(基調講演「マクドナルド化現象と日本」;まとめと解説;討論者コメント;リッツアの返答;総括)
第2部 マクドナルド化理論と日本社会(マクドナルド化の日本にとっての意味;マクドナルド化過程の拡張とその意味―マックス・ウェーバーの「合理化」過程の類型を手がかりにして;合理化とマクドナルド化;マクドナルド化のプログラム分析;グローカル化とマクドナルド化―合理性と非合理性の拮抗のなかで;マクドナルド化と日本企業―日本マクドナルド、セブン‐イレブン・ジャパン、トヨタ自動車;マクドナルド化と日本社会の「文化システム」)

著者等紹介

リッツア,ジョージ[リッツア,ジョージ][Ritzer,George]
1968年コーネル大学博士号取得。現在、メリーランド大学社会学部教授

丸山哲央[マルヤマテツオ]
1967年大阪大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、仏教大学社会学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白義

6
マクドナルド化した社会、の註釈的な内容で、生の問題に取り組むワクワクする面白さはないけど、興味深い内容。リッツアのマクドナルド論は、ウェーバーの合理化、資本主義論の正当な延長なのだというのがよくわかる。それは企業だけでなく、生活世界も全面的に変えていくものだ。日本的経営の超合理性、丸山真男がベラーの徳川時代の宗教に反論していう、日本では合理性と呪術性が結合していたという指摘が重要。ブラック企業問題に繋がるが、グローバルなマクドナルド化が封建的ローカルの悪習と結び付いているのが日本の現状ではないか2012/09/18

苦虫

3
G・リッツァの「マクドナルド化」がマクドナルド店舗数第二位の日本ではどのように根付き、影響を与えているかという分析。正直、大元の「マクドナルド化」の理論もウェーバーもあまり良くわかってなかったので、いまいち噛み砕けず。複数の社会学者が論じているので飽きて、経済学者の指摘が新鮮に感じた(マーケティングと消費を変えた、という指摘)。しかし、結局一番印象に残ったことは、リッツァが結石で日本の学会に欠席したことだ、壮大なギャグである。しかも学会で国際電話とは、素晴らしき21世紀。2013/09/19

nuna

1
失敗。マクドナルド化した社会を読んでないので全体像が掴み難い。マックス・ウェーバーも多少は読んだほうがよさそう。2009/10/19

ロウ

0
「マクドナルド化した社会」を読んだほうがよいのだろうか2011/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16545

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。