Minerva社会学叢書
逸脱と医療化―悪から病いへ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 587p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623038107
  • NDC分類 498
  • Cコード C3336

内容説明

本書は、「医療化」論、「逸脱の医療化」論に関する社会学の現代的古典というべき著作。逸脱論の医療化現象への応用編という性格をもち、よりマクロな現象との関連も分析している。ここで取り扱われる「医療化」の諸現象は、現在の日本においても明確に観察可能かつ、次第にその重要性を増しつつある現象である。とくに社会問題化している児童・青年の教育・犯罪現象、ならびに「精神鑑定」における「責任」の問題を考える上でも、基礎的なデータ・分析が提供されている。

目次

第1章 逸脱、逸脱定義、医療専門職
第2章 悪から病いへ―逸脱認定の変化と社会統制
第3章 狂気の医療モデル―精神病の出現
第4章 アルコール依存症―酒浸り、飲酒癖、疾病概念
第5章 アヘン嗜癖―医療的関与の盛衰
第6章 子供と医療化―非行、多動症、児童虐待
第7章 同性愛―罪から病いそしてライフ・スタイルへ
第8章 医療と犯罪―生来性犯罪者の探索と犯罪に対する医療的統制(R.モラン)
第9章 社会統制装置としての医療―社会への帰結
第10章 逸脱の医療化に関する理論的言明
後記 逸脱と医療化―10年後

著者等紹介

進藤雄三[シンドウユウゾウ]
1954年生まれ。1980年京都大学文学部卒業。1986年京都大学大学院文学研究科博士課程中退。現在、大阪市立大学大学院文学研究科教授

杉田聡[スギタサトル]
1960年生まれ。1984年東京大学医学部保健学科卒業。1989年東京大学大学院医学系研究科博士課程修了、保健学博士(1989年)。現在、大分大学医学部看護学科助教授

近藤正英[コンドウマサヒデ]
1966年生まれ。1990年東京大学医学部保健学科卒業。1994年東京大学医学部医学科卒業。現在、筑波大学社会医学系講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【内容】
医療化現象の社会的意味と理論的含意――
社会学理論、医療社会学、逸脱理論との交錯領域に位置する社会学上の古典的著作。
逸脱論の医療現象への応用編という性格をもち、よりマクロな現象との連関も分析している。ここで取り扱われる「医療化」の諸現象は、現在の日本においても明確に観察可能か、次第にその重要性を増しつつある現象である。とくに社会問題化している児童・青年の教育・犯罪現象、ならびに「精神鑑定」における「責任」の問題を考える上でも基礎的なデータ・分析が提供されている。

【目次】
日本語版への序文
緒 言
序 文
1 逸脱、逸脱定義、医療専門職
2 悪から病いへ
3 狂気の医療モデル
4 アルコール依存症
5 アヘン嗜癖
6 子供と医療化
7 同性愛
8 医療と犯罪
9 社会統制装置としての医療
10 逸脱の医療化に関する理論的言明
後 記 逸脱と医療化
文献一覧
訳者あとがき
索 引