Basic books<br> 現代日本の社会保障 (新版)

個数:

Basic books
現代日本の社会保障 (新版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 277p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623035342
  • NDC分類 364
  • Cコード C3333

内容説明

本書は、わが国の社会保障とその政策の現状と問題点、及びそのあり方について、九州及びその近県の各大学に在職し、社会政策学の立場から社会保障論や雇用政策、年金や医療、地域福祉、さらには家族問題や財政論などを研究している有志の研究者がそれぞれの研究視点に基づき、執筆したものである。

目次

第1章 人口の高齢・少子化と社会保障
第2章 「企業社会」と社会保障
第3章 雇用政策と社会保障
第4章 公的年金制度の現状と問題点
第5章 現代の医療保障
第6章 「福祉社会」と今日の地域福祉政策
第7章 家族政策・男女平等と社会保障
第8章 社会保障と財政
第9章 わが国における社会保障概念の再検討

著者等紹介

坂脇昭吉[サカワキアキヨシ]
1943年生まれ。1971年関西大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。現在、鹿児島大学教育学部教授。専攻は社会政策

中原弘二[ナカハラコウジ]
1941年生まれ。1970年九州大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。佐賀大学経済学部教授を経て、現在、九州国際大学経済学部教授。専攻は社会政策
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【内容】
『現代日本の社会保障』(1997年)を全面的に改訂した新版。進行する社会保障「見直し」や「構造改革」を視野に入れて検討し、2000年より実施の「介護保険法」をふまえて今後のあり方を考える。

【目次】
新版へのまえがき/まえがき(坂脇昭吉・中原弘二)
第1章 人口の高齢・少子化と社会保障(坂脇昭吉・中原弘二)
 1 わが国における高齢・少子化の特徴と要因
 2 高齢者の生活状態と介護問題
 3 高齢者の生活保障
 4 日本における高齢者社会政策の展開過程
第2章 「企業社会」と社会保障(中原弘二)
 1 「企業社会」の概念について
 2 「企業社会」の社会構造と社会保障
 3 「企業社会」の揺らぎ
 4 「企業社会」からの脱皮と社会政策
第3章 雇用政策と社会保障(阿部 誠)
 1 戦後日本の失業保険制度の展開と雇用政策
 2 今日の雇用保険制度
 3 今日の雇用構造の再編
 4 雇用構造の変化と社会保障
第4章 公的年金制度の現状と問題点(来島 浩)
 1 公的年金制度の改正
 2 公的年金制度の問題点
 3 問題解決の方向
第5章 現代の医療保障(渡辺 満)
 1 日本の医療保障制度の特徴
 2 医療制度改革
 3 医療供給体制
 4 介護保険創設と医療保険への影響
第6章 「福祉社会」と今日の地域福祉政策(堀内隆治)
 1 地域福祉の考え方
 2 社会福祉から地域福祉へ
 3 地域福祉の現状
 4 新しい地域福祉システムの創造
第7章 家族政策・男女平等と社会保障(保坂恵美子)
 1 産業社会の性分業と家族政策
 2 現代家族と社会保障の現状
 3 男女平等化政策と社会保障の課題
 4 男女共同参画社会の家族政策と社会保障
第8章 社会保障と財政(納富一郎)
 1 社会保障政策とコスト・財政制度
 2 社会保障支出の決定過程
 3 高齢社会と社会保障財源
第9章 わが国における社会保障概念の再検討(坂脇昭吉)
 1 社会保障「見直し」論の系譜
 2 社会保障概念をめぐる問題点
 3 国民本位の社会保障概念を確立するために
索 引