シリーズ・日本の文学史<br> はじめて学ぶ日本児童文学史

個数:

シリーズ・日本の文学史
はじめて学ぶ日本児童文学史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年10月01日 12時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 368,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623032525
  • NDC分類 909.021

内容説明

明治維新から昭和期にかけての日本児童文学の歩みを最も初期の時代(草創期)を起点に、科学読み物・知識読み物の歴史およびキリスト教児童文学の歴史、外国作品の歴史と幅広い視点から考察。

目次

第1部 近代日本児童文学の夜明け
第2部 おとぎばなしの時代
第3部 芸術的児童文学の開花
第4部 児童文学冬の時代
第5部 十五年戦争下の児童文学
第6部 戦後の児童文学

著者紹介

鳥越信[トリゴエシン]
1929年兵庫県生まれ。児童文学研究者。早稲田大学卒業。岩波書店勤務、早稲田大学教授、大阪国際児童文学館総括専門員を経て、現在聖和大学大学院教授。著書に『近代日本児童文学史研究』おうふう、1994年。『児童文学の大人たち』文渓堂、1995年。『日本児童文学』建帛社、1995年。『子どもの本のカレンダー』ゆまに書房、1996年。『子どもの替え歌傑作集』平凡社、1998年。『子どもの本との出会い』ミネルヴァ書房、1999年

出版社内容情報

【内容】
明治維新から昭和期にかけての日本児童文学の歩みを最も初期の時代(草創期)を起点に、科学読み物・知識読み物の歴史およびキリスト教児童文学の歴史、外国作品の歴史と幅広い視点から考察する。

【目次】
はしがき
序 日本近代児童文学史の起点
 第1部 近代日本児童文学の夜明け
1キリスト教と児童文学/2日本の近代化と科学読み物/3〈異文化〉移入としての翻訳
 第2部 おとぎばなしの時代
4創作児童文学の出発/5伝記と歴史読み物/6押川春浪と立川文庫
 第3部 芸術的児童文学の開花
7「赤い鳥」の出現/8唱歌から芸術的童謡へ/9宮沢賢治
 第4部 児童文学冬の時代
10プロレタリア児童文学から生活童話へ/11新美南吉/12少年倶楽部の魅力
 第5部 15年戦争下の児童文学
13言論統制と復興現象/14「少国民文学」の時代/15抵抗の児童文学
 第6部 戦後の児童文学
16民主主義児童文学/17さよなら未明/18多様化の時代/補児童文学研究の流れ
児童文学史文献
略年表・索引