Minerva人文・社会科学叢書<br> ドイツ国家学と明治国制―シュタイン国家学の軌跡

個数:

Minerva人文・社会科学叢書
ドイツ国家学と明治国制―シュタイン国家学の軌跡

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 350p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623030989
  • NDC分類 321.234
  • Cコード C3331

内容説明

「国制知」とは、国家の成り立ちと諸制度―国制を構想し、その支柱となってそれを運営していく知的営み、ないしそれに携わる学識集団である。本書は、明治日本の「国制知」をドイツ国家学に求め、ローレンツ・フォン・シュタイン、伊藤博文、渡辺洪基の思想と活動を追いながら、ドイツ国家学の成立と展開、わが国への伝播とその帰趨を見届け、その「国制知」としての実態と機能に比較法史の視角からアプローチする。

目次

「国制知」という考え方
第1部 ローレンツ・フォン・シュタイン―その生涯と思想(19世紀ドイツにおける国家学の興亡;「国家学者」シュタイン;「比較法学者」シュタイン)
第2部 シュタインと明治日本(シュタイン詣で;伊藤博文の滞欧憲法調査;シュタインの日本論)
第3部 国家学・国家学会・国家学者―明治日本の国制知(国家学会の明治国制;国家学会の退場、国家学者の誕生)

出版社内容情報

【内容】
「国制知」とは、国家の成り立ちと諸制度──国制を構想し、その支柱となってそれを運営していく知的営み、ないしそれに携わる学識集団である。
本書は、明治日本の「国制知」をドイツ国家学にに求め、ローレンツ・フォン・シュタイン、伊藤博文、渡辺洪基の思想と活動を追いながら、ドイツ国家学の成立と展開、わが国への伝播とその帰趨を見届け、その「国制知」としての実態と機能に比較法史の視覚からアプローチする。

【目次】
口絵/凡例
序 「国制知」という考え方

I. ローレンツ・フォン・シュタイン
──その生涯と思想



1. 19世紀ドイツにおける国家学の興亡
2. 「国家学者」シュタイン
3. 「比較法学者」シュタイン



II. シュタインと明治日本



4. シュタイン詣で
5. 伊藤博文の滞欧憲法調査

補 シュタインの日本論

III. 国家学・国家学会・国家学者
──明治日本の国制知



6. 国家学会と明治国制

終 国家学会の退場、国家学者の誕生
あとがき
文献一覧/ドイツ語要約
人名・事項索引