叢書転換期のフィロソフィー<br> 芸術における近代―美的コンセンサスは得られるか

個数:

叢書転換期のフィロソフィー
芸術における近代―美的コンセンサスは得られるか

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 349p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623029198
  • NDC分類 702.06

内容説明

「美」はなんでもありの時代になりました。それは何もない時代ともいえます。現代芸術が産みだそうとしているものはなにか。そこに「美」は存在するか。

目次

第1部 近代の自覚としてのロマン主義(「ゴシック」再興からロマン主義へ―北方的芸術精神の系譜学;崇高と近代―崇高論の射程;ベートーヴェン神話の形成と支配―音楽における近代 ほか)
第2部 世紀末の闇と光(ニーチェとデカダンスの問題;デカダンス―ただ生きるがために生きるという生き方について;転換期の音楽―調性解体のフィロソフィー ほか)
第3部 状況としてのポスト・モダン(近代の終焉?―芸術的表現の可能性と限界;虚偽の行方―制度としての「芸術」;「音楽」の外で ほか)

出版社内容情報

【内容】
美的コンセンサスは得られるか──
〈美〉はなんでもありの時代になりました。しかしそれは〈美〉が何もない時代ともいえます。現代芸術が産みだそうとしているものは何なのか。そこに〈美〉は存在するのか。

【目次】
三つの世紀末
──ロマン主義・世紀末・ポスト・モダン
第1部 近代の自覚としてのロマン主義

* 「ゴシック」再興からロマン主義へ
* 崇高と近代
* ベートーヴェン神話の形成と支配
* C・D・フードリヒの近代性と20世紀美術
* 新芸術の楽しみ方

第2部 世紀末の闇と光

* ニーチェとデカダンスの問題
* デカダンス
* 転換期の音楽
* 「楽園」の転換
* 世紀転換期の文学における絵の記述

第3部 状況としてのポスト・モダン

* 近代の終焉? 
* 虚偽の行方
* 「音楽」の外で
* メディア映像と芸術
* 作品の政治権力論をこえて

人名索引