叢書転換期のフィロソフィー<br> 宗教―その原初とあらわれ

個数:

叢書転換期のフィロソフィー
宗教―その原初とあらわれ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年07月28日 21時22分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 341p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623028689
  • NDC分類 160

内容説明

本書は、宗教に人が求めたものはなんであったのか。宗教の原初に立ち返って考察します。

目次

宗教と非宗教のあいだ
神の不在の時代―近代ヒューマニズムの射程
いのちの再発見―曇鸞とキェルケゴール
ニヒリズムの構図
深みの次元の喪失
絶対者と理性―ドイツ観念論の一断面
「別の原初」と「絶対無」―ハイデッガーと西田
斎藤茂吉の「自然」―鎮魂のアミニズム
祀り―民俗学の地平から
ヤコブ・ベーメにおける創造と悪
生と死のコスモロジー
創造と終末
贈与あるいは愛の倫理と宗教
宗教と社会

出版社内容情報

【内容】
心の拠りどころはどこにあるか──。
神秘や恐怖を感じることは人間にとって最も根元的な作用であろう。人は群れようと孤独でいようとそれを感じる。だから絶対者を求め、すがろうとするのも人の自然なのであろうか。宗教がどのようにして成り立つのか、その根から掘り返してみること、すなわちこの巻に与えられたテーマである。

【目次】
総論 宗教と非宗教のあいだ
第1部 不安の世紀

* 神の不在の時代
* いのちの再発見
* ニヒリズムの構図
* 深みの次元の喪失

第2部 原初

* 絶対者と理性
* 「別の原初」と「絶対無」
* 斎藤茂吉の「自然」
* 祀り―民俗学の地平から
* ヤコブ・ベーメにおける創造と悪

第3部 宗教のあらわれ

* 生と死のコスモロジー
* 創造と終末
* 贈与あるいは愛の倫理と宗教
* 宗教と社会

人名索引