文化システム論

個数:

文化システム論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月26日 22時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 164,/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784623021475
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C3036

内容説明

人間活動に不可欠な象徴的側面を、社会学の文脈で理論化しようとした。それは、マンハイムやマルクスの理論を修正した、パーソンズ流の「知識社会学」であり、同時に、社会科学全体に共通する文化の基礎理論でもある。

目次

序章 文化のシステム
第1章 文化のシステムの諸次元
第2章 文化の基盤としての言語
第3章 文化システムと社会システムの関係
第4章 文化理論の諸相
第5章 文化システムの機能分化
第6章 文化の累積性の問題
第7章 「知識社会学」と文化の社会学

出版社内容情報

【内容】
人間活動に不可欠な象徴的側面を,社会学の文脈で理論化しようとした。それは,マンハイムやマルクスの理論を修正した,パーソンズ流の「知識社会学」であり,同時に,社会科学全体に共通する文化の基礎理論でもある。

【目次】
序章 文化のシステム
第一章 文化システムの諸次元
 第一節 経験的認知システム
 第二節 カセクシスと表出的シンボリズム
 第三節 評価的システムと実存的システム
第二章 文化の基盤としての言語
 第一節 言語と貨幣
 第二節 言語の構造
 第三節 言語と文化
第三章 文化システムと社会システムの関係
 第一節 社会システムの統合と評価的要素
 第二節 価値体系の制度化
第四章 文化理論の諸相
 第一節 相互行為の文化的基盤
 第二節 文化の型
第五章 文化システムの機能分化
 第一節 文化の下位システム
 第二節 宗教と行為システム
第六章 文化の累積性の問題
 第一節 科学的知識の累積と価値の進化
 第二節 表出的シンボルの累積
第七章 「知識社会学」と文化の社会学
 第一節 「知識社会学」の論理
 第二節 文化システムの分化
 第三節 イデオロギーと価値-科学統合体