健康と病のエピステーメー―十九世紀コレラ流行と近代社会システム

個数:

健康と病のエピステーメー―十九世紀コレラ流行と近代社会システム

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 264,/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784623021208
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C3022

内容説明

19世紀のコレラ流行に関して、何が・どのように・語られたか。またその語りを成立させているものの系譜をたどり、「古い」歴史学からの自由―「新しい」歴史学としての社会史の〈外〉への出口をさぐる。

目次

第1章 〈報告―摘発〉するコレラの社会史
第2章 視線の掃討―1892・コレラ・ハンブルク
第3章 知覚の変換―19世紀日本の場合
第4章 知・富・健康のトリアーデ
第5章 〈追放〉から〈絶滅〉へ―コレラ流行とオゾン説
第6章 われら19世紀の子―歴史学とテロス

出版社内容情報

【内容】
19世紀のコレラ流行に関して、何が・どのように・語られたか。またその語りを成立させているものの系譜をたどり、「新しい」歴史学としての社会史の《外》への出口をさぐる。

【目次】
序に代えて
初出一覧
凡例
第一部
第一章 <報告-摘発>するコレラの社会史
第一節 コレラ流行の研究史
第二節 R・J・エヴァンズ『ハンブルクに死す』
第三節 <出口>を塞ぐエヴァンズ
第二章 視線の掃討-一八九二・コレラ・ハンブルク
第一節 <穴蔵>地区の問題化
第二節 コレラ菌の<持ち込み>および伝染の<犯人>捜し
第三節 コレラ流行地区へのまなざし
第四節 掃討を受ける「コレラの巣窟」
第五節 コレラ流行時のハンブルク当局と社会民主主義者
第六節 社会民主主義者による<報告-摘発>行動
第七節 シンクロナイズしない身体と<能力>
第八節 <有能>化する<遊牧民>
第三章 知覚の変換-十九世紀日本の場合
第一節 コレラ流行を見る眼
第二節 もう一つの知覚-経験
第三節 治安-平定された知覚
第二部
第四章 知・富・健康のトリアーデ
第一節 社会史と十九世紀コレラ流行
第二節 バイオの権力としてのポリスあるいはポリツァイ
第三節 ミアスマとコンタギオンの系譜学
第四節 <風土>病化されるコレラ流行
第五節 <衛生の経済>
第五章 <追放>から<絶減>へ-コレラ流行とオゾン説
第一節 オゾンの現在
第二節 コレラ流行と<消毒>
第三節 <絶滅>の様式
第四節 J・ヘンレによる切断 
第六章 われら十九世紀の子-歴史学とテロス
第一節 マゾヒズムと<主体>の袋小路
第二節 社会史と見えない<起源>
第三節 歴史家の時間
第四節 回収されるフーコー