「二つの文化」論争―戦後英国の科学・文学・文化政策

個数:

「二つの文化」論争―戦後英国の科学・文学・文化政策

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年07月29日 15時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 389p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784622088011
  • NDC分類 404
  • Cコード C1010

出版社内容情報

C・P・スノーが1959年に世に問うた『二つの文化と科学革命』は、ポストモダン後の現在に至るまで論争の火種を提供してきた。いったいなぜ。「二つの文化」とは「文学に造詣の深い知識人」の文化と自然科学者の文化のことだが、この論争にはそれにとどまらない様々な深層があった。気鋭の思想史家がこの論争の意味をあぶりだしていく。

内容説明

「文系/理系」の区分をはじめ、「二つの文化」という発想には何が潜んでいるのか。英国の事情に焦点をしぼりながら、スノー『二つの文化と科学革命』がもたらした「論争」の背景に、気鋭の研究者が迫る。

目次

1 C.P.スノーと技術家主義のリベラリズム
2 F.R.リーヴィスと急進主義のリベラリズム
3 二つのカレッジの物語
4 英国社会史の形成
5 国家「衰退」の高まり
6 ポスト植民地主義の進展
7 能力主義期の衰微

著者等紹介

オルトラーノ,ガイ[オルトラーノ,ガイ] [Ortolano,Guy]
現在ニューヨーク大学(NYU)教養学部歴史学科准教授。2005年ノースウェスタン大学から博士号を取得。ワシントン大学セントルイス校、ヴァージニア大学をへて、2009年からニューヨーク大学で教鞭を取っている。近代英国の文化史および思想史の研究者で、都市の歴史と科学史に関心を抱いている

増田珠子[マスダタマコ]
津田塾大学学芸学部英文学科卒業。津田塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得満期退学。津田塾大学英文学科研究助手をへて、現在駿河台大学経済経営学部教授。専門はイギリス演劇、児童文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件