身体の使用―脱構成的可能態の理論のために

個数:

身体の使用―脱構成的可能態の理論のために

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 487,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622079644
  • NDC分類 137
  • Cコード C0010

内容説明

“ホモ・サケル”、極点の思考。政治と倫理の新しい次元を可能態の観想が開く。プロジェクト最終巻。

目次

第1部 身体の使用(働きを欠いた人間;クレーシス;使用と配慮 ほか)
第2部 存在論の考古学(存在論的装置;ヒュポスタシスの理論;様態的存在論のために)
第3部 “生の形式”(分割された生;その形式から切り離すことのできない生;生きている観想 ほか)

著者等紹介

アガンベン,ジョルジョ[アガンベン,ジョルジョ] [Agamben,Giorgio]
1942年ローマ生まれ。ヴェネツィア建築大学教授を務めたのち、現在はズヴィッツェラ・イタリアーナ大学メンドリジオ建築アカデミーで教えている

上村忠男[ウエムラタダオ]
1941年兵庫県尼崎市生まれ。東京大学大学院社会学研究科(国際関係論)修士課程修了。東京外国語大学名誉教授。学問論・思想史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

テクノロジー装置の肥大は未曾有の奴隷制を産出するのか─西洋哲学を貫く思考を遡り、本書をもって「ホモ・サケル」シリーズが完結。

プロローグ

第一部 身体の使用
1 働きをもたない人間 2 クレーシス 3 使用と配慮 4 世界の使用 5 自己の使用 6 慣習的な使用 7 生命ある道具と技術 8 自分のものとして所有することのできないもの インテルメッツォ?T
第二部 存在論の考古学
1 存在論敵装置 2 ヒュポスタシスの理論 3 様式的存在論のために インテルメッツォ?U
第三部 〈生の形式〉
1 分割された生 2 その形式から切り離しえない生 3 生きている観照 4 生命は生きることのなかで産出される形式である 5 スタイルの存在論のために 6 単独者のもとへの単独者の亡命 7 《われわれはそのように行う》 8 仕事と働かないでいること 9 エルの物語

エピローグ 脱構成的可能態の理論のために

訳註/訳者解説/文献目録/人名索引

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件