ペスト&コレラ

個数:

ペスト&コレラ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月16日 13時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 243p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622078388
  • NDC分類 953
  • Cコード C0097

内容説明

ペスト菌(Yersinia pestis)にその名を留める、異端の人イェルサンの生涯を、徹底した取材と斬新な手法で描き、フェミナ賞に輝いた、めっぽう面白い科学史小説。

著者等紹介

ドゥヴィル,パトリック[ドゥヴィル,パトリック] [Deville,Patrick]
1957年生まれのフランス作家。ナント大学で比較文学・哲学を学んだのち、1980年代を中東、ナイジェリア、アルジェリアで暮らす。1990年代、たびたびキューバ、ウルグアイほか中米に滞在。1996年、「ラテンアメリカの若い文学賞」を創設、雑誌『Meet』を創刊、サン=ナゼールに「外国人作家と翻訳者の家」を創立し、現在もそのディレクターをつとめている。2011年、『リール』誌は、ドゥヴィルの小説『カンプチア』を年度最優秀作品に選出。イェルサンの生涯をえがいた『ペスト&コレラ』は、フランスの文学賞すべての候補となり、書店フナックによる小説賞につづいて、フェミナ賞その他の文学賞に輝いた

辻由美[ツジユミ]
翻訳家・作家。著書に『世界の翻訳家たち』(1995、新評論、日本エッセイストクラブ賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ペスト菌の発見者イェルサンの冒険的生涯を描く傑作長編。百年前のアジアが舞台。北里柴三郎やランボーも登場。フェミナ賞・本屋大賞

ペスト菌の発見者としてのみ名を残すアレクサンドル・イェルサンの、奇妙な生涯を描く傑作長編。百年前のインドシナに渡り、伝染病が蔓延する香港、密林を踏破、辺境に住み着き、発明発見を続けてヨーロッパに戻らなかった。病理学者にして船乗り、兵士。北里柴三郎やランボーも登場。「スティーヴンソンのように異郷的、ヴェルヌのように神秘的!」と大評判。フェミナ賞・フナック本屋大賞などに輝く小説。

最終便/昆虫/ベルリンにて/パリにて/肘鉄をくらう/ノルマンディーにて/世界の中心の鉄塔/船上の医師/マルセイユにて/海にのりだす/二重生活/アルベールとアレクサンドル/機内にて/ハイフォンにて/貧しい人びとの医師/長い歩み/プノンペンにて/新たなリヴィングストン/ダラットにて/アルチュールとアレクサンドル/セダン族のもとで/香港にて/ナトランにて/マダガスカル島にて/ペストのワクチン/広東省にて/ボンベイにて/真の生活/ハノイにて/ニワトリ論争/箱舟/進歩の前哨/ゴム王/後世の人びと/果物と野菜/ヴォジラール街にて/機械と道具/キナノキ王/アレクサンドルとルイ/ほとんど過去の偉人/ベランダの下で/未来からきた妖怪/パストゥール団/海  謝辞

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件