シュテットル―ポーランド・ユダヤ人の世界

個数:

シュテットル―ポーランド・ユダヤ人の世界

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2019年05月24日 03時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 368p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622077923
  • NDC分類 234.9
  • Cコード C0022

内容説明

ナチスの強制収容所の多くが建設されたポーランド。靴屋が詩人で時計修理工が哲学者、床屋が吟遊詩人だったユダヤ人の町々はもはやない。共生と破局の物語。

目次

第1章 ポーランド・ユダヤ人の世界―歴史的背景
第2章 初期
第3章 諸外国のあいだで
第4章 両大戦間期
第5章 ショア

著者等紹介

ホフマン,エヴァ[ホフマン,エヴァ] [Hoffman,Eva]
1945年、ユダヤ人の両親のもとにポーランドのクラクフに生まれる。13歳でカナダに移住。アメリカのライス大学で英文学を学び、ハーバード大学大学院で博士号を取得。1979年より1990年まで『ニューヨーク・タイムズ』の編集者として活躍。1989年にノンフィクションとして高い評価を得た自伝Lost in Translation:A Life in a New Language(『アメリカに生きる私―二つの言語、二つの文化の間で』木村博江訳、新宿書房、1992)を出版し、作家生活に入る。現在イギリスに在住

小原雅俊[コハラマサトシ]
1940年、福島県生まれ。ポーランド文学者。東京外国語大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ポーランドの小さな町(シュテットル)から見た、800年にわたるユダヤ人の壮烈な歴史。ポーランド人とユダヤ人は共存していたのに、なぜホロコーストが吹き荒れたのか。ナチ占領下、ポーランド人は多くのユダヤ人を密告したが、ポーランド人の何らかの助けがなければ、ユダヤ人は一人も生き残ることはなかった。記憶を呼び覚ますには想像力が必要だ。民族同士の葛藤と共存社会の可能性は、現代世界へとつながっている。珍しい写真多数。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件