カチンの森―ポーランド指導階級の抹殺

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 177,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622075394
  • NDC分類 234.9
  • Cコード C1022

内容説明

虐殺の原因と経緯、ソ連に同調した連合国の隠蔽工作、ゴルバチョフの沈黙、歴史家の責任まで簡潔に分析する決定版。スターリン体制を象徴する事件の真相。2008年、ハンナ・アーレント政治思想賞を受賞。

目次

序論
1 ポーランド分割とポーランド市民のソ連収容所拘禁
2 殺戮と追放
3 階級殺戮、すなわち階級浄化
4 カチンの虐殺―責任者たちを探して
5 ソ連のつく嘘と西側によるその隠蔽
6 ソ連の公式見解に甘んじる政治家と歴史研究者
7 ゴルバチョフの沈黙
8 カチン事件―歴史学と政治へのひとつの教訓

著者等紹介

ザスラフスキー,ヴィクトル[ザスラフスキー,ヴィクトル][Zaslavsky,Victor]
1937‐2009。レニングラードに生まれる。レニングラード大学で社会学を学び、母校で教鞭をとっていたが、1975年ソ連を出国、カナダに移住・帰化した。カリフォルニア、スタンフォード、ヴェネツィア、フィレンツェ、ナポリの各大学で政治社会学を教え、最後は亡くなるまでローマのルイス・グイド・カルリ社会科学自由大学の教授。専門は第二次世界大戦後のソ連(ロシア)・イタリア政治関係史。『カチンの森―ポーランド指導階級の抹殺』で2008年、ハンナ・アーレント政治思想賞を受賞

根岸隆夫[ネギシタカオ]
フランス政府給付留学生としてパリの国立政治学院で欧州政治史を学ぶ。専門は欧州全体主義研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。