思春期とアタッチメント

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 184,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784622075219
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C1011

内容説明

成長の喜びと葛藤…そのとらえがたい心性にどのように接近し、どのように触れるか。ボウルビィ以後の研究を礎に臨床のなかで磨かれた、精神分析理論と発達理論をつなぐ思春期理解の方法論。

目次

第1章 アタッチメントとは
第2章 アタッチメントの測定と内的作業モデル
第3章 思春期におけるアタッチメント
第4章 精神的健康の防御要因としてのアタッチメント
第5章 心理療法の初期におけるアタッチメント
第6章 心理療法の過程と終結におけるアタッチメント

著者等紹介

林もも子[ハヤシモモコ]
1960年生まれ。1983年東京大学文学部心理学科卒。1991年東京大学教育学研究科博士課程単位取得退学。立教大学大学院現代心理学研究科教授。臨床心理士。ASIコンサルタント(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。