源氏物語、“あこがれ”の輝き

個数:

源氏物語、“あこがれ”の輝き

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 458,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622074519
  • NDC分類 913.36
  • Cコード C0095

内容説明

「天皇になれなかった皇子」をめぐる華麗な物語に、“あこがれ”をキーワードとして分け入ると、何が見えてくるだろうか。性愛的な思惑と政治的思惑のかけひきを骨格とするドラマのなかで、愛慕は実らず、あこがれは絶えず生み出されていく。紫式部は国の「政治をみごとに閨房に転移させた」書き手だった。ノーマ・フィールドはまず何よりも、「小説の熱心な読者」だ。ヒロインたち一人一人に寄り添い、「ピンで貼り付けられた蝶さながら」の彼女たちと共に一喜一憂する。それを通して、『源氏物語』全体が逆に照射される。鋭利な物語分析の手法によって、「読み」と「分析」がみごとに融合される。読者はきっと、なぜこの物語がいまだに現役であり続けるのかに合点がいくだろう。ロングセラー『天皇の逝く国で』の著者の第一作。

目次

第1章 三人のヒロイン、そしてヒーローの形成(二面性と身代わり―藤壺;背反、流謫、そして物語の展開 ほか)
第2章 脇役のヒロイン、そしてヒーローの後退(傍系の巻と脇役の女;高貴な流謫と養女 ほか)
第3章 すべての季節の代役(ヒロインの命名;象徴的存在としての幼年期(少女時代) ほか)
第4章 都の彼方の女たち(宇治十帖以前の宇治;神秘、芳香、そして霊的生活―宇治の男たち ほか)

著者等紹介

フィールド,ノーマ[フィールド,ノーマ][Field,Norma]
東京生まれ。1983年プリンストン大学にて博士号取得。現在、シカゴ大学東アジア言語文化学科教授(日本文学・日本文化)

斎藤和明[サイトウカズアキ]
東京生まれ。国際基督教大学大学院教育学研究科修士課程修了。1980年、同大学教養学部教授(英米文学・日本文化)。1996年、同大学副学長。2000年、明星学苑理事長。国際基督教大学名誉教授。2008年没

井上英明[イノウエエイメイ]
福岡県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。梅光女学院文学部教授を経て、1985年、明星大学日本文化学部教授(日本文学)。1996‐2000年、同学部長。2007年退職。訳書にニーダム『理解の鋳型―東西の思想体験』(法政大学出版局1992、第29回翻訳出版文化賞受賞)他

和田聖美[ワダキヨミ]
1978年、国際基督教大学教養学部卒業。二男一女を育てながら、中学・高等学校などで英語科非常勤講師を勤める。現在、立命館宇治中・高校常勤講師。滋賀県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

『天皇の逝く国で』の著者が、博士論文をもとに書き直した、「あこがれ」をキーワードとして読解する、新たな「源氏物語」論。