アイザイア・バーリン

個数:
  • ポイントキャンペーン

アイザイア・バーリン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月22日 23時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 335,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784622070979
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C1031

内容説明

リベラルな知性の体現者として敬愛されたバーリンの痛快な評伝。激動の20世紀史上にバーリンの足跡をつぶさにたどり、かの自由主義哲学が形成され、鍛え上げられた文脈を浮かび上がらせる。

目次

オールバニー
リガ―一九〇九‐一五年
ペトログラード―一九一六‐二〇年
ロンドン―一九二一‐二八年
オックスフォード―一九二八‐三二年
オール・ソウルズ
同信の友―一九三四‐四〇年
アイザイアの戦争(ニューヨーク、一九四〇‐四一年;ワシントン、一九四二‐四五年)
モスクワ―一九四五年
レニングラード―一九四五年
部族―一九四六‐四八年
冷戦―一九四九‐五三年
遅い目覚め
名声―一九五七‐六三年
追いつめられた自由主義者―一九六三‐七一年
ウルフソン―一九六六‐七五年
回顧―一九七五‐九七年
終章

著者等紹介

イグナティエフ,マイケル[イグナティエフ,マイケル][Ignatieff,Michael]
ロシア貴族の出自を持つ父と、カナダ人の母の間に、1947年トロントで生まれる。歴史学を専攻し、トロント大学卒業、ハーバード大学で博士号を取得。以降、イギリス、アメリカ、フランスと活動の場を広げた、自他共に認めるコスモポリタンである。リベラルな知識人として、テレビ・ドキュメンタリーの脚本家・プレゼンター、雑誌への寄稿などジャーナリズムの場で活躍し、また、紛争とヒューマニズムの問題を探究する主要な著作家の一人としても知られる。アカデミックな歴史家としての評価も高い。現在はアメリカ、マサチューセッツ州ケンブリッジ在住。ハーバード大学ケネディ行政大学院で人権論を教えている

石塚雅彦[イシズカマサヒコ]
国際基督教大学教養学部社会科学科、およびコロンビア大学ジャーナリズムスクール卒業。日本経済新聞入社後、英文日経編集長、論説委員などを務める。のち、財団法人フォーリンプレスセンター専務理事(2000‐2004年)

藤田雄二[フジタユウジ]
1961年、東京都に生まれる。1985年、東京大学教養学部教養学科卒業。1996年、東京大学大学院総合文化研究科国際関係論専攻博士課程修了、東アジア国際関係史の研究業績により2000年に博士学位取得。2001年10月没
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。