意識〈1〉

個数:

意識〈1〉

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 261,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784622019602
  • NDC分類 141.2

出版社内容情報

意識とは何か? 意識の解体、無意識を対象とする精神医学の立場から意識を照明。意識の概念を「自我の構成」「人格」にまで拡大、また意識と無意識の関係を考察する。
ネオ・ジャクソニズムを標榜した精神医学者が展開する、独特な精神病論。
全2巻/第1巻:6500円(本体) 第2巻:6200円(本体)

2001年9月10日復刊・発売 

内容説明

エーの精神医学の体系は従来の伝統的精神医学のそれとはかなり異なっている。彼にとって、重視すべきは急性精神病と慢性精神病の区分である。そうして前者が意識の病理に属するとすれば、後者は人格の病理にかかわる。本書においては、従来の彼の意識の概念は拡げられ、「意識野」だけでなく「自我の構成」ないし「人格」をも意識の一面として捉え、さらに意識と無意識の関係も論じている。初版の序で彼は述べている。

目次

第1部 意識存在(意識の定義の問題;哲学と意識の問題)
第2部 意識野あるいは体験の現実性(意識野の構造解体;意識野;意識野の神経生物学)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

huchang

0
意識を睡眠と覚醒から扱い、これを司る脳の機能的分析に至るまでの記述は正直寝ながら読んだ。脳みそなしに意識を語るっちゅーのあかんのんちゃうかー言うてるあたりはちょっとおもしろかった。50年くらい前の時代からの基本をさらっと寝ながら押さえられたかな。多分下巻も寝ながら読む。2021/10/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/726024

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。