宇宙のつくり方

個数:

宇宙のつくり方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月30日 23時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 223p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784621300503
  • NDC分類 443.9
  • Cコード C0044

出版社内容情報

宇宙が誕生し、現在、未来の行方を、豊富な図版とポップなイラストを交え、「楽しんで知る」ことに重点を置き、軽妙な語り口で解説。

真貝 寿明[シンカイ ヒサアキ]

鳥居 隆[トリイ タカシ]

内容説明

いまから138億年前、時間も空間も存在しなかったどこかで、宇宙のすべてのエネルギーを含んだものが突如として解放され、「宇宙」が誕生した。超高温で煮えたぎるスープのような状態だった宇宙は、膨張し冷却されると、さまざまな粒子をつくり出した。それらの粒子が散り散りに拡がり集まって星が生まれ、寿命をむかえて爆発したり、星同士が衝突したりして、粒子は再び宇宙空間へまき散らされていった。いくつかの粒子はその後さまざまな奇跡によって、私たち人間をつくる要素(元素)になる。今日ここに私たちが生きているのは、これまでの数え切れない偶然と奇跡の積み重ねによって成り立っている。本書では、エネルギーがとのようにして物質に変化し、物質から星や銀河や私たちをつくり出す反応がどのような物理法則によっているのかを解説する。そして、宇宙をつくる方法を理解するのに役立つ科学的な発見や理論の進展も紹介する。

目次

こうしてビッグバンは発見された
宇宙誕生
原子はこうして見つかった
宇宙のフオース(力)は強い
スター誕生
星の一生と死
銀河の庭師たちに会おう
太陽系の料理法
終わり…本当に?

著者等紹介

ギリランド,ベン[ギリランド,ベン] [Gilliland,Ben]
さまざまな受賞歴のあるサイエンス・ライターかつイラストレータで、いつも両方を手掛けた仕事をしている。2005年に、イギリスのメトロ・ニュース紙のメトロコスモ科学欄への執筆をはじめ、ジャーナリストへ科学を説明した経験から、この道を邁進することになった

真貝寿明[シンカイヒサアキ]
1966年生まれ。大阪工業大学情報科学部教授。早稲田大学理工学部物理学科卒業。同大学院博士課程修了。博士(理学)。早稲田大学助手、ワシントン大学(米国セントルイス)博士研究員、ペンシルバニア州立大学客員研究員(日本学術振興会海外特別研究員)、理化学研究所基礎科学特別研究員などを経て現職

鳥居隆[トリイタカシ]
1969年生まれ。大阪工業大学工学部教授。早稲田大学理工学部物理学科卒業。同大学院博士課程修了。博士(理学)。東京工業大学研究員(日本学術振興会特別研究員)、ニューカッスル・アポン・タイン大学客員研究員、東京大学ビッグバン宇宙国際研究センター機関研究員、早稲田大学客員講師などを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

toshi

11
ビッグバンから物理法則(特に相対性理論と量子力学)に従って現在の状態になるまで、そしてその後どうなるのかといいくつかの説の解説書。 どうも通常の物理法則が破綻する特異点のビックバンとブラックホールが、宇宙が今後どうなるのかの鍵であるようである。2017/01/21

黒豆

11
雑誌Newtonのように活字が大きく写真や絵による解説を多用して子供向けのような構成だが、記載内容は最先端そしてうまい説明でわかりやすい。違うのは面白い切り口、例えば、映画スターウォーズのフォースとそれを操作するには入れ物(ジェダイ)が必要である。標準理論の世界では、力を出す際に使われる入れ物はボゾンという粒子である。2016/12/24

つたじゅん

4
息子リクエスト。かなり読み込んでいた。2017/09/30

ペカソ・チャルマンチャイ

2
本のサイズも大きく、絵や写真も豊富でわかりやすい。ちょいちょい挟んでくるジョークはどうかと思うが、内容は濃く読み応えがある。文句があるのは、この手の本によくある、文章をぶった切って出てくる絵や資料。きちんと文章を完了させてからにしてもらえないものか。どういう順番で読んだらいいのかわからない。あと、日本語なのに何故か「、」が「,」に、「。」が「.」になっている。非常に違和感を感じる。2017/02/05

inami

0
◉読書 ☆☆☆☆ ・「宇宙って何だかすごいなあ〜」「宇宙ってとてつもないなあ〜」「人間が想像(創造)できることなんてたかが知れてるな、されど人間だあ〜」「人間ってなんだろう」「あれっ、何を考え・悩んでるんだっけ」・・と、不思議なわからないことだらけの宇宙と自分を、知れば知るほど・・・ワクワクしてくる・・AIよ量子コンピュータとタッグを組んで一刻でも早く、宇宙の色々な謎を解き明かしてくれたまえ。2017/03/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11209018

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。