作家は時代の神経である―コロナ禍のクロニクル2020→2021

個数:

作家は時代の神経である―コロナ禍のクロニクル2020→2021

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月25日 23時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 283p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784620326948
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

あるべき未来へ! 「時代の神経」たる作家の感応力で厳しく、深く日本社会を考察する「サンデー毎日」連載、大反響時評の単行本化。

内容説明

コロナ時代に顕在化した政治的無責任、社会基盤の崩壊、人心の動揺…。「時代の神経」である作家の感応力が、深く見つめる。リアルでありながら、理想を手放さない稀有な思考。危機の時代の羅針盤。

目次

1(南極で過去最高気温 石炭火力依存への警告;コロナ、景気判断… 統治の著しい形骸化 ほか)
2(末法の世に生きる 公共の言葉の復権を;感染症が生む不確実性 生活経済の見つめ直しを ほか)
3(戦争体験を風化に任せる 私たちは烏合の衆なのか;未曽有の大失業時代 みんなで暮らしを回そう ほか)
4(米国の負のエネルギー 日本は社会的活力喪失か;民主主義が死んで繁栄が続く これでいいのか ほか)
5(何もかも三流の国で より良く生きる方法;世代交代できない社会に 活力も未来もない ほか)

著者等紹介

〓村薫[タカムラカオル]
1953年大阪市生まれ。作家。1993年『マークスの山』で直木賞、1998年『レディ・ジョーカー』で毎日出版文化賞、2016年『土の記』で野間文芸賞・大佛次郎賞・毎日芸術賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

竹園和明

35
昨年に続くクロニクル第2弾。この1年間の考察事案は自ずとコロナと五輪、それに絡んだ政治と国民という事になる。著者は政治家ではなく作家という立ち位置からそれらを批評しているわけで、問題点を鋭く的確に指摘している点を評価すべき。降って湧いたようなコロナ禍に対し、右往左往して策も打てず国民を不安のどん底に陥れている政府与党最大の問題点は、この先何十年かのビジョンの欠如だろう。それを裏付けるようなそれぞれの考察は見事なまでに全部正解だ。しかし氏と同じ視点を我々が持たなければ、子供達に同じ思いをさせる事になるのだ。2021/09/18

ぐうぐう

34
2020年春から翌年の春までに書かれた高村薫の時評を収録。『コロナ禍のクロニクル』とサブタイトルにあるように、コロナに触れない時評はほぼない。「国難に向き合うため求められるのは、前進する意志と事態の徹底した分析、そして国民への説明である」と2020年3月にすでに高村は指摘しているが、この言葉が今週の「サンデー毎日」に書かれていたとしても違和感がないのが、この国のコロナ対策が一年以上前からほとんど停滞していることを明らかにしている。(つづく)2021/08/10

kum

26
2020年3月から2021年5月にかけて書かれた時評。コロナへの対応だけでなく、コロナ禍で浮き彫りになった(あるいはコロナに紛れて忘れられそうになっている)あらゆる問題についてバッサリと伐る。「さまざまな分野で非効率と劣化が進み、諸外国から周回遅れとなった日本の〈いま〉」には、課題もげんなりすることも山積みだけれど、無関心と慢心、そして楽観が生んだ現状であることは間違いなくそうなのだろうと思った。まずは現実を直視しなくてはいけない。2021/08/24

遊々亭おさる

23
経済は一流、政治は二流と言われ、政治家が頼りなくても何とかなってきたこの国だが経済も二流に落ちた今、もはや先進国を名乗る資格はなく、年老いて過去の栄光に縋りつくばかりの三流国である。だがしかし、絶望するのはまだ早い。ピンチをチャンスに変え、新しい日本の形を作ろう。というような絶望と希望を織り交ぜて語られるコロナ渦の時評集。コロナ倒産による失業者の増加や少子化などにより経済的な発展が望めないならば、所得倍増より皆んなが少しずつ損をして国民全員が三食安心してご飯が食べられる社会を目指すほうが理に適っているか。2021/10/20

水彩

15
ジャーナリストではなく、作家としての皮膚感覚でバッサバッサと斬っていく。コロナ、政治、経済、五輪、貧困多岐に渡って言葉を発する。本当にね、政治の体たらくったら。プランなき政府。国際的な価値観から取り残されている。相変わらずの社会不平等。弱き者は切り捨てられるのか。2021/12/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18129980

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。