日本人のための第一次世界大戦史―世界はなぜ戦争に突入したのか

個数:
電子版価格 ¥1,699
  • 電書あり

日本人のための第一次世界大戦史―世界はなぜ戦争に突入したのか

  • ウェブストアに79冊在庫がございます。(2018年01月17日 00時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 416p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784620324814
  • NDC分類 209.71
  • Cコード C0020

内容説明

第一次世界大戦を理解すれば今日の世界がわかる。日本人が知らない歴史の転換点を金融のプロが読み解く、今を生きるための世界史。

目次

戦争技術の発達
国民国家意識の醸成
兵器産業の国際化と戦艦
世界から見た日露戦争
20世紀の新しい産業
第一次世界大戦勃発
日本参戦
戦線膠着
戦争の経済
消耗戦の中で
新兵器の登場
終戦へ
戦後に残されたもの

著者紹介

板谷敏彦[イタヤトシヒコ]
1955年、西宮市生まれ。関西学院大学経済学部卒業。石川島播磨重工業(船舶部門)を経て日興証券へ、ウォール街勤務が長い。その後内外大手証券会社幹部を経て、2006年にヘッジ・ファンド設立。現在は作家として活動している。日本金融学会会員、明治大学株価指数研究所アドバイザー、早稲田大学社会人講座講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本人を変えた“ 忘れられた大戦”第一次世界大戦が、いまだに多くの問題を生んでいる。日本人目線で描く世界史の転回点。