老いてさまよう―認知症の人はいま

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

老いてさまよう―認知症の人はいま

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784620322865
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0036

内容説明

「太郎」という仮名のまま施設で暮らしていた男性の家族との劇的な再会、線路に迷い込み轢死した男性の家族にのしかかった巨額賠償請求…。大反響を呼んだ、さまざまな人間ドラマとともに、「認知症のいま」をあぶり出し、社会を動かした渾身のキャンペーン。2014年度新聞協会賞・菊池寛賞ダブル受賞!!

目次

鳥かごの家から(高齢者を囲い込み;リハビリもできず ほか)
ある老健より(老健、みとりの場に;選別され、出ては戻り ほか)
閉鎖病棟から(自由奪う抑制帯;残る家族も癒えぬ傷 ほか)
「太郎さん」(仮名2年、認知症男性、身元不明のまま;「私」知る人どこに ほか)
JR認知症鉄道事故訴訟(特集ワイド 認知症事故と損害賠償;記者の目 認知症の人の事故防止、国は十分な情報収集を ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

25
介護保険制度では訪問介護は身体介護と生活援助に分かれ、利用時間で報酬が決まる(32頁)。厳しい仕事だと思う。私には資格がない。18時前出勤、一息つけるのが2時。仮眠取れずに朝食準備(51頁)。介護する人が寝込んでしまう理由。認知症862万人(125頁~)。脳血管や脳細胞の障害で記憶力、判断力低下。生活に支障が生じる状態(126頁)。不明1万300人(147頁~)。厳しい時代に突入してきた。人道配慮必要とはいえ、GPSとかどこかに付属させておくことが捜索に役立つとも思える。2015/02/17

こうちゃ

21
毎日新聞特別報道グループの緻密な取材による、新聞に掲載された記事の数々。そのうちの一つの記事により、身元不明のまま施設で暮らしていた男性が家族と劇的な再開を果たしたことは記憶にある。そして、そのことにより、警察や行政のありかたが僅かながらも変わりつつあることは良いことだと思う。線路に迷い込み轢死した男性の家族に巨額裁判請求の記事には憤りを禁じ得ない。今や他人ごとではない〔認知症のいま〕をあぶり出し、社会を動かした渾身のキャンペーン。新聞協会賞・菊池寛賞ダブル受賞に納得。2015/03/05

ヒラP@ehon.gohon

6
徘徊不明者の実態、介護家族の苦難、身元不明者を作り出してしまう社会構造、事実から語られる問題提起に唸ってしまいました。徘徊者を出してしまった家族に、幾重もの責任を押しつけられる不条理に、早く社会理解が追いついていかなければいけないと思います。2016/01/31

小島輝彦

5
徘徊高齢者、行方不明の話。メールなどを活用した地域ネットワークなどがあったりもするが、こういう本を読むと改めて身近に、というかリアルに感じる。介護や認知症の課題は様々にある。勉強していこう。

でんか

5
読むと、暗澹たる気持ちになる事間違いない本。なんというか、まったく救済がない。本当にこういうことが身近に起こるわけで、おそらく近いうちにもっと厳しくなるだろう(国はそちらにお金をつかわない方向へ舵を切っているわけだから)。防災無線で行方不明者の放送が流れるのを聞くとこの本の事を思い出す。2017/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9280513

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。