死とは何か―さて死んだのは誰なのか

個数:

死とは何か―さて死んだのは誰なのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月24日 10時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784620319278
  • NDC分類 104
  • Cコード C0095

内容説明

どこまで考えても死なんてものはない、言葉だと知るだけだ。人生の味わいと存在の謎について未発表原稿とともに紡がれる、終わりのない精神の物語。

目次

1 精神を捉えてやまない謎(「聖なるもの」の行方;「現実」という夢 ほか)
2 ひとりだけで考える(孤独の妙味;新・唯心論 ほか)
3 役に立たないからこそ(「コンビニエントな人生」を哲学する;科学技術と私たち ほか)
4 人生は言葉とともに(しごとのデッサン;人生の謎 ほか)
5 存在の謎は、果てしなく(死とは何か―現象と論理のはざまで)

著者紹介

池田晶子[イケダアキコ]
1960年(昭和35年)8月21日、東京の一隅に生を得る。1983年(昭和58年)3月、慶應義塾大学文学部哲学科倫理学専攻を卒業。文筆家と自称。「哲学エッセイ」を確立して、多くの読者を得る。2007年(平成19年)2月23日死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人生が存在しているのは<死>という謎があるからだ。謎を味わい問い続けてゆく、果てしない精神の物語。