町人学者―産学連携の祖・淺田常三郎評伝

個数:

町人学者―産学連携の祖・淺田常三郎評伝

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784620318745
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

内容説明

ソニーの危機を3度救った、盛田昭夫の恩師。被爆直後の広島を調査し、戦後、産業界と学界に数多くの逸材を輩出した阪大の名物教授。「それ、なんでだんねん?」が口癖のコテコテ大阪弁物理学者、初の評伝。

目次

序章 物理学で産学連携
第1章 兄と師・長岡半太郎
第2章 大阪帝国大学創設
第3章 実験物理の教室
第4章 国を守る科学
第5章 日本の原爆開発
第6章 シンジンナルコウリョヲキボウス
第7章 戦後の再出発
第8章 淺田に訊け!
第9章 庶民派物理学者
終章 晩年

著者等紹介

板倉哲郎[イタクラテツロウ]
1926年10月、長野県生まれ。1952年3月、旧制第18回生として大阪大学理学部物理学科(淺田浅田研・光学)卒。同年、大学院生として浅田研・放射線照射研究へ。1956年、関西電力(株)入社。その後1年間、大学院生として浅田研在籍。1976年、日本原子力発電(株)敦賀発電所長。1989年、同社常務取締役・技術開発本部長。1993~2000年同社最高顧問・技術顧問

更田豊治郎[フケタトヨジロウ]
1930年2月、上海生まれ。1953年3月、新制第1回生として大阪大学理学部物理学科(浅田研・ベータトロン室)卒。1957年1月、大阪大学大学院理学研究科博士課程中退。日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)入所。1989年1月、同研究所副理事長。1933年4月、(財)原子データセンター(現・高度情報科学技術研究機構)理事長。1977年7月、(財)環境科学技術研究所会長。2000年6月、(財)日本海洋科学振興財団理事長

住田健二[スミタケンジ]
1930年8月、大阪府生まれ。1953年3月、新制第1回生として大阪大学理学部物理学科(浅田研・物性室)卒。1975年8月、大阪大学工学部原子力工学科教授。1993年12月、原子力安全委員会委員。1998年6月、同委員会委員長代理。2000年5月、(社)日本原子力学会会長。2002年8月、(財)原子力文化振興財団・副理事長

北川通治[キタガワミチハル]
1932年9月、兵庫県生まれ。1958年3月、新制第6回生として大阪大学理学部物理学科(浅田研・照射室)卒。1963年3月、大阪大学理学部大学院博士課程修了。1964年、大阪府立放射線研究所、総括研究員、第1部長。1990年、大阪府立大学教授、先端科学研究所所長。1996年、(社)大阪ニュークリアサイエンス協会顧問

岡田健[オカダケン]
1935年2月、山口県生まれ。1958年、新制第6回生として大阪大学理学部物理学科(浅田研・ベータトロン室)卒。1962年~1964年、パリ大学理学部留学、浅田調査団に随伴。1980年、(株)神戸製鋼所原子力エンジニヤリング部長(初代)。1990年、同社理事・鉄鋼生産本部長代理。1995年、神鋼リサーチ(株)顧問、1997年、岡田木造建築士事務所開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。