ハーパーBOOKS<br> シャーロック・ホームズの事件録―眠らぬ亡霊

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

ハーパーBOOKS
シャーロック・ホームズの事件録―眠らぬ亡霊

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月24日 11時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 541p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784596541161
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

1889年冬。とある名家のマダムと知り合ったホームズとワトスンは、一族の夕食会に招かれた。だが最後の料理皿の銀蓋を開けると、そこに人間の切断頭部が…。事件調査のため、一族が暮らすスコットランドの古城にすぐさま向かった二人。その城は幽霊が出ると噂されていて、何年も前から不審死が相次いでいるようで―。すべての謎はやがて予想外の結末へ!本格パスティーシュ第2弾。

著者等紹介

マクバード,ボニー[マクバード,ボニー] [MacBird,Bonnie]
サンフランシスコで生まれ育ち、スタンフォード大学で音楽の学士号と映画の修士号を取得。長らくハリウッドで脚本家およびプロデューサーとして活躍し、エミー賞を3度、CINE GOLDEN EAGLES賞を11度受賞。SF映画『トロン』(1982年)の原案・原作者としても知られる。現在は水彩画の画家としての顔を持つ一方、UCLA公開講座で映画シナリオの書き方も教えている。ロサンゼルス在住で、頻繁にロンドンを訪れる

日暮雅通[ヒグラシマサミチ]
青山学院大学卒。翻訳家。日本文藝家協会、日本推理作家協会、日本シャーロック・ホームズ・クラブ、ベイカー・ストリート・イレギュラーズの会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

117
この作者におるホームズものの第2作です。長編なので読みごたえがありました。ウィスキー工場を経営する一族の話で、その人間関係が結構複雑です。また聖典ではホームズはどちらかというと余計なことはあまりしゃべらないし、人間らしさが感じられない気がしていたのですがここではその人間ぽさが結構書かれています。またホームズの高校生や大学生の頃の話が結構面白く描かれていて楽しめました。2019/09/27

本木英朗

18
ホームズ×ワトスン、知られざる事件第2弾である。1889年冬。とある名家のマダムと知り合ったホームズとワトスンは、一族の夕食会に招かれる。だが最後の料理皿の銀蓋を開くと、そこには人間の切断部が……。事件調査のため、一族が暮らすスコットランドの古城にすぐさま向かった二人。その城は幽霊が出ると噂されていて、何年も前から不審死が相次いでいるようで――という話である。今回はやっぱりホームズの過去が暴かれるか、というところだろうか。もちろん古城のこともあるけれどねえ。とにかく読むしかないって。2020/07/09

shohji

17
ミステリとしての評価はもはや意味がない。「ホームズのパスティーシュ」という独特のジャンルに属しているとしか言いようがない。前作よりもワトスンが品格を取り戻しているので安心して読めた。切断頭部など事件が猟奇的な点、ホームズの過去を著者の想像力で作り上げた事などは好みが分かれると思う。スコットランドの古城と厳しい寒さと人々の執念と愚かさと。そこに何となく懐かしさを感じるのは日本人の思考、特に北国に住む人間の思考に共通点があるからなのか。色々と思うところはあるが…結局は美味しいウイスキーが飲みたくなるのだった。2020/08/29

鐵太郎

13
ボニー・マクバードのホームズ・パスティーシュ、第二弾。前の話が「ブリキの文書箱」だったのですが、今回は「発見された原稿」方式。なるほどね。とはいえ幅広く勉強した成果は見られるのですが、いろいろな点で無理してるなぁという感想。零度以下にならない当時の氷室では、肉を保存することはできただろうけど凍結させることは無理だろうとか、その他いろいろ。暴力・格闘シーンというものも、現代人向けなんだろうな。あの人は実は○○だったというパターンが二重三重に襲いかかるクライマックスはちょっと重すぎるけれど、なかなか面白いね。2021/01/04

J・P・フリーマン

13
ホームズのパスティーシュとしては、雰囲気は原作に近いものだと思います。ただホームズは、マイクロフトと衝突するなど多少性格が異なる気がします。当時の社会情勢やスコットランドのウイスキー文化も作中に取り入れられています。2019/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13885446

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。