ハーパーBOOKS<br> ジグソー・キラー

個数:
電子版価格 ¥1,300
  • 電書あり

ハーパーBOOKS
ジグソー・キラー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 18時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 664p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784596316844
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

テムズ川の河岸で人体の一部が相次ぎ見つかった。検死の結果、異なる男女のものであると判明。さらに遺体には服役中の連続殺人犯“ジグソー・キラー”のシンボル―関係者しか知りえないはずの図形が刻まれていた。ロンドンを震撼させた凶悪なシリアルキラー逮捕から2年半。特捜班の警部補ヘンリーはジグソー事件との関連を調べるため刑務所に面会に赴くが、時を置かず新たな切断遺体が発見され…。

著者等紹介

マティソン,ナディーン[マティソン,ナディーン] [Matheson,Nadine]
ロンドン生まれ。グリニッジ近隣でデプトフォードに在住。刑事弁護士として活躍する傍ら、ロンドン大学シティ校で創作を学び、クライムライティングのコンテストで優勝。初の長編クライムノベルとなる『ジグソー・キラー』(原題The Jigsaw Man)でミステリー作家としてデビューを果たす

堤朝子[ツツミアサコ]
東京都出身。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

cupcakes_kumi

35
何これ面白いー!んもう、何でこれを1月に刊行するのー?賞レース狙いの8~10月に出せばいいのに!その時期はもっと別の隠し玉があるのかな?わくわく。正義を引き立てるためには、強烈な悪ではならない典型で、この「ジグソー・キラー」の吐き気がするほどのサイコなこと!海外ドラマ「クリミナル・マインド」を彷彿とさせる猟奇的事件と畳みかける展開に一気読みだった。これは良かった!2022/01/28

うまる

32
服役中の殺人犯と同じ手口で起こる事件としては、よくあるパターンではありますが、主人公と殺人犯の因縁や段々と被害者たちの繋がりが見えてくる所が面白かったです。ただ終盤、真犯人が見えてきてからグダグダしたかな。驚く展開もなくそのまま終わってしまったので、今一つ盛り上がりに欠けた感じもあります。シリアルキラーの造形は、穏やかさと荒々しさを兼ね備えた猟奇ぶりで良かったです。あと知的な所があればなぁと。真犯人と対峙して何かしてほしかったです。終わりがいまいちだけど、2作目が翻訳されたらまた読むとは思う。2022/04/23

ち~

30
2年半前の『ジグソー・キラー』による連続バラバラ殺人事件を模倣した事件が相次いで起こる。かつてジグソー・キラーを逮捕したが大怪我を負わされPTSDとなったヘンリー警部補が再び立ち向かう。警察とシリアルキラーが別に模倣犯を追い詰めるおいしい構図だが、今ひとつハラハラ感が弱め。が、ラストの解決や最大のピンチはモヤッとはするものの、割と満足できた。ロンドンにおいて、黒人女性が警部補を務める困難さや夫との対立、上司との微妙な関係。新人刑事ラムーターの成長。そしてヘンリーの素晴らしいチームに期待して次作も読みたい。2022/11/06

ひろ

21
ロンドン各地で見つかるバラバラになった遺体。それは二年前に逮捕されたジグソー・キラーと同じ手口であった。誰が、何のために再び殺し始めたのか。主人公の女性警部補が連続殺人犯を追う。ストーリー展開もキャラクターもまさに海外ドラマといった感じ。600ページを超える分厚さにも関わらず、中弛みなく読めた。むしろ後半は駆け足に感じるほどで、書きたい内容を詰め込んだ印象を受ける。あらすじから有名作を思い浮かべざるを得ないが、その系譜を外れず描かれている。安心はあるが、驚きがあってもよかったかも。2022/03/17

タナー

15
少し前から気になっていた作品。かなりのページ数ではあるが、読みはじめたら思っていたよりも面白くて、意外とはやく読了できたかな。何となく「羊たちの沈黙」に雰囲気が似ている。"ジグソー・キラー"オリヴィエは本当に死んだのか?何かラストがスッキリしなくて疑問が残る。この作品がシリーズ1作めで、次作は本国では昨年リリースされる予定となっているが、どうなのだろう。続きが気になる。最近面白くて他の作品も読みたいと思っても翻訳が出ていないものが多い。日本の出版に携わっている方々には読者のことをもっと考えて頂きたい。2023/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19049871
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。