ハーパーBOOKS<br> 凍てついた痣

個数:
電子版価格 ¥1,200
  • 電書あり

ハーパーBOOKS
凍てついた痣

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月24日 20時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 630p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784596018625
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

大学の敷地内で男子学生の遺体が発見された。遺書を残し飛び降り自殺を図ったかに見えたが、現場に臨場した検死官サラは妙な違和感を覚える。自殺と他殺、両方の線で調べが進むなか、第一発見者の女子学生が拳銃自殺し、事件は思わぬ様相を呈し始める。被害者二人に繋がりはなく動機も不明。捜査は難航を極めるが、男子学生の部屋からサラもよく知る元警察官の指紋が検出され―。

著者等紹介

スローター,カリン[スローター,カリン] [Slaughter,Karin]
エドガー賞ノミネートの『警官の街』(オークラ出版)や、『プリティ・ガールズ』『グッド・ドーター』『彼女のかけら』(以上ハーパーBOOKS)などのNYタイムズ・ベストセラーリスト作品をはじめ“グラント郡”シリーズや“ウィル・トレント”シリーズで知られるベストセラー作家。これまで21作を発表し、120カ国以上で刊行され、累計発行部数は全世界3500万部を超える。図書館を支援する非営利団体Savethe Librariesプロジェクトの創設者

田辺千幸[タナベチユキ]
ロンドン大学社会心理学科卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆいまある

85
やっと翻訳されたグラント郡シリーズ。待ちくたびれた分実際よりも面白く感じた。レイプ被害から立ち直っていないレナは鬱状態が続き、自傷行為のような生活。そこに連続殺人事件。サラの妹テッサまでが被害にあう残酷展開。サラの車がBMWZ3から330iに。え、ウィル・トレントシリーズではBMWとしか書かれてないからZ3のままで脳内再生してた。今は何に乗ってるんだろう(ポルシェより高い車としか思えない)。ジェフリー傲慢で嫌いだな。サラも頭良くて優しくてエロい設定なんて卑怯でやっぱり好きになれない。レナの今後楽しみ。2022/01/13

future4227

62
グラント郡シリーズ3作目。1作目で凄惨なレイプ被害に遭ったレナが再び事件に巻き込まれていく。彼女は被害者なのか、容疑者なのか?身も心もボロボロの彼女に同情したい気持ちは山々だが、なにせ行動や言動が支離滅裂で意味不明。そんな彼女でも熱烈なファンがいるというのは驚きだ。今作は犯行に及ぶ手口や犯人の動機など意外にあっさりと描かれてしまって、捜査でじわりじわりと追い詰めていく緊迫感がまるでないのが残念。警察署長のジェフが迷走しまくっている。そして、衝撃のラスト!やはりお前かっ!2022/02/14

ほちょこ

37
登場する人物全員、気に食わない。という作品も珍しい。でもなぜか、頁が進んでしまうのがスローター女史の作品ならではの展開戦略なのだ。全員が疲弊してて、そのうちの半数が負傷してて、もうホント痛々しいのだけど、犯人はのほほんと登場したり引っ込んだりしてる。そんな次作もまた期待したい。2022/02/11

30
ウィルさんのシリーズで、この後が知らされているものの、レナが退場して欲しいと思ってしまう…、彼女ホントにヤだわ。お話しのスジは、このシリーズらしい陰湿さで、結末は呆気なく&レナの嫌いだ感がますますアップ(^^;2022/01/29

星落秋風五丈原

30
カリン・スローターはウィル・トレントシリーズとグラント郡シリーズを並行して刊行している。前者からすれば後者は過去にあたり、ヒロインサラは新しいパートナーを得て幸せいっぱいなのに、グラント郡シリーズでは浮気が原因で別れた前夫ジェフリーとくっついたり離れたりを繰り返しているので若干欲求不満気味。いざ事件が起こってサラの弱い部分が刺激されると、頼っていく先は彼の所なのだ。ましてや事件となれば検視官と保安官は顔をつきあわせる機会も多い。サラの妹テッサを事件現場に連れて行き、重症を負ったことで二人の仲は近づく。 2022/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18868378

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。