ハーパーコリンズ・ノンフィクション<br> 生きものたちの「かわいくない」世界―動物行動学で読み解く、進化と性淘汰

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

ハーパーコリンズ・ノンフィクション
生きものたちの「かわいくない」世界―動物行動学で読み解く、進化と性淘汰

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月24日 20時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 315p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784596017116
  • NDC分類 481.7
  • Cコード C0098

内容説明

イタリアで話題沸騰、生物学者による人気ポッドキャストが書籍化!地球上に生息する動物たちの知られざる生態を通して、「性と社会」を読み解く、イタリア発の話題作!

目次

第1章 オスとメスの戦争
第2章 求愛
第3章 性行為
第4章 浮気
第5章 家族
第6章 社会
第7章 暴力と逸脱
第8章 老い、死、そして愛

著者等紹介

ヴェヌート,ヴィンチェンツォ[ヴェヌート,ヴィンチェンツォ] [Venuto,Vincenzo]
1965年ミラノ生まれ。生物学者。ミラノ大学で自然科学と環境科学を学び博士号を取得。主にオウムのコミュニケーションの研究に10年間取り組んだ後、2000年にテレビの世界へ。数々のドキュメンタリー番組の司会者を務める

安野亜矢子[ヤスノアヤコ]
千葉県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了後、フィレンツェ大学に留学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

FFM

3
動物行動学はとても面白い分野だと感じた。ヒトの様々な行動が動物でも見られる。生命の本質の部分を垣間見ることができました。2022/01/25

Go Extreme

1
ゴリラのアレは○センチ オスとメスの戦争: 多様性を促す性交 オスチームとメスチームのゲーム 最強を求めるアカシカ 求愛: 異種間の交尾を避ける仕組み メスの攻撃性を和らげる重要性 命がけの「落ち着いておくれ」 性行為: 快感にとりつかれたラット 浮気: 浮気天国のツバメ 家族: 子を運命に託すオサガメ 社会: ミツバチのコミュニケーション 生殖力を持たない階層 暴力と逸脱: 薬物漬けのキツネザル フグをおもちゃにするイルカ 老い、死、そして愛: チンパンジーの葬儀 死なない動物 死者を埋葬するヒト2022/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18701274

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。