放送大学大学院教材
臨床心理地域援助特論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 261p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784595141461
  • Cコード C1311

目次

臨床心理地域援助の特徴と発想
コミュニティ心理学の基礎
ウェルビーイングと臨床心理地域援助
ソーシャルサポートと臨床心理地域援助
エンパワーメントと臨床心理地域援助
教育分野でのコンサルテーション
福祉分野でのコンサルテーション
産業分野とコミュニティ
コラボレーションの考え方
教育分野でのコラボレーション
医療分野でのコラボレーション
危機支援でのコラボレーション:地震災害のボランティア活動を通して
多様な臨床心理地域援助における評価
これからの臨床心理地域援助

著者等紹介

伊藤亜矢子[イトウアヤコ]
東京都出身。1995年東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士課程満期退学。1995年北海道大学教育学部助手。1997年札幌学院大学人文学部専任講師。1999年お茶の水女子大学生活科学部専任講師。2004年同助教授。2007年お茶の水女子大学発達臨床心理学コース准教授。2020年より現職。現在、名古屋市立大学人間文化研究科教授。臨床心理士・公認心理師。博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。