私は自衛官―九つの彼女たちの物語

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

私は自衛官―九つの彼女たちの物語

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年08月12日 11時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784594091798
  • NDC分類 392.1
  • Cコード C0031

出版社内容情報

防衛省のオフィシャル雑誌『月刊MAMOR』(扶桑社・刊、毎月21日全国発売)

で連載中の「女性自衛官たち」(6月号までの回)の書籍化。

『兵士に聞け』(小学館文庫)からスタートした杉山隆男による自衛隊ルポ、

「兵士シリーズ」の最新刊となる1冊。

全自衛官のうち、約8%しかいない女性自衛官(2021年) 。

“なぜ男社会の象徴のようにいわれてきた自衛隊に入ったのか”

“そこで何を目指しているのか”“任務を果たす中で、どんな家庭を作り、

どう子育てをしているのか”。

内容説明

防衛省オフィシャル月刊誌MAMOR人気連載書籍化。自衛隊ルポルタージュの金字塔「兵士シリーズ」最新刊。

目次

第1章 航空自衛隊1等空佐 吉田ゆかり
第2章 陸上自衛隊3等陸佐 塚口千枝
第3章 海上自衛隊2等海曹 高橋陽子
第4章 陸上自衛隊2等陸佐 山〓麻由
第5章 航空自衛隊1等空佐 壹岐香里
第6章 海上自衛隊海曹長 迫田和美
第7章 陸上自衛隊2等陸佐 笹井輝子
第8章 航空自衛隊2等空佐 中里悠花
第9章 海上自衛隊2等海曹 廣瀬展子

著者等紹介

杉山隆男[スギヤマタカオ]
1952年、東京都生まれ。一橋大学社会学部卒業後、読売新聞記者を経て執筆活動に入る。1986年に新聞社の舞台裏を克明に描いた『メディアの興亡』(文春文庫)で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。1996年、『兵士に聞け』(小学館文庫)で新潮学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nyangle

4
『兵士に聞け』などの「兵士」シリーズの著者が9人の女性自衛官にインタビューして、彼女たちの自衛官としての活動を記したノンフィクション。自衛隊にはいろんな職種があって、そのいろんな分野で女性が活躍しつつあるんだな、とか思うと同時に、女性自衛官にとって子育てはほとんど無理ゲーなんじゃ? と心配になる。本書には子育てを乗り切った人たちが取り上げられていたが、もっと子育てしやすいシステムが導入されればいいのに。自衛官に限らず、この国で子育てするのたいへんすぎるんじゃ? そんな、本筋とはちょっとずれた点が心に残る。2022/07/17

くらーく

2
兵士に聞く(女性)ですね。同世代から娘世代まで、9人の女性自衛官のインタビューだけど、皆さん、よく生活しているなあ。特に、佐官クラスの方々は、家庭を省みる余裕がほとんどなさそう。子育てをしている人は、親が頼りみたいなところも。もう少し、待遇改善が必要だったり。大体が、職場結婚であり、親も自衛官だったりで、そういう人でないと務まらないのかもしれないね。また、子供が自衛官になったりしてね。親の背中を見せられる仕事ですね。ちょっとでかすぎるかもしれないけど。 今後も平和が続きますように、祈念するばかりですわ。2022/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19841238

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。