これが東大生・京大生の部屋だ!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 111p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784594060480
  • NDC分類 376.8
  • Cコード C0095

内容説明

東大・京大への道のり、いまの部屋、苦悩と希望の受験ドラマに迫る。ついに実現!25組31名の東大生・京大生が登場し、「ひとり暮らし」「寮」「ハウスシェア」「実家」の各部屋をつぶさに紹介。さらに受験対策の方程式、マル秘勉強法、大学生活から、家賃、仕送りなど財布の中身までを大公開!最難関大学に通う学生たちのリアルライフ。

目次

1章 東大生・ひとり暮らしの部屋
2章 東大生・ハウスシェアの部屋
3章 東大生 寮の部屋
4章 東大生・実家の部屋
5章 京大生の部屋
6章 東大生・京大生の合格体験方程式

著者等紹介

朝日奈ゆか[アサヒナユカ]
1961年大阪市生まれ。’90年、編集企画制作・株式会社ユンブルを設立、同社代表取締役。2004年同社直営、家庭教師派遣・音羽太子橋会を創設、同代表を務める。「生徒も教師も口コミ紹介のみ・宣伝営業一切なし」の姿勢で運営を続け、好評を博している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ybhkr

3
みんなお金持ちだなー、という印象。へたなワーキングプアよりお金がある。仕送りの金額とか見ても不景気?なにそれって感じ。寮や京大なひとはそうでもないけど、東大に子供が入れるような家は浪人させたり、塾や私立行かせたり、浪人時代から寮に入れることができたりしないと難しいのかな。受かったら受かったで仕送り。実家もお金持ちっぽい家が多かった。こういう企画にOKが出せる人たちがこういう層なのかなあ……。貧困やDVものと平行して読んでいるので親の格差は子供の格差というのを目の当たりにしたかんじ。2015/02/10

Sayaka Sasaki

2
これも子供部屋の参考にするのに借りた本。レイアウトは全く参考にならなかったけれど、一人一人のストーリーは面白かった。受験生が読んだらいい感じ。2016/03/27

ず〜みん

2
普通の大学生の部屋だなー。でも、コテコテ飾り立てたり、変にDIYに凝りすぎたり、そんな部屋はなくて、でもこだわりがある部屋が多いな、と思った。部屋にいるのが何より楽しい、ではなく、部屋は再生産の場で外で友人と遊んだり勉強する方が多い、というライフバランスの良い人が多い様にも思えた。2011/10/04

きょ

1
いやあ、人の部屋って本当面白い!と思える本でした。東大生、京大生であっても、基本は大学生なんだよねと思える部屋っぷりでした。あと、普通に読み物としても面白かったです。2014/06/01

yomineko

0
面白かったーーー!一生懸命勉強して、いろいろ悩みそして成長してゆく姿が部屋を通して見えてくるとても良い企画本。2012/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/288457

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。