扶桑社ミステリー<br> 女検死官ジェシカ・コラン ロンドンの十字架〈上〉

個数:

扶桑社ミステリー
女検死官ジェシカ・コラン ロンドンの十字架〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月23日 11時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 354p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784594052225
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

異様な連続殺人事件がロンドンで発生していた。三つの死体は全裸のまま川や湖のほとりで発見され、体じゅうに油が塗られていた。しかも手足に太い釘を打たれたあとがあり、十字架にかけられて殺されたらしい。捜査に行き詰まったロンドン警視庁は、FBIの検死官ジェシカに協力を要請、彼女はアメリカでかかわっていた事件に心を残しつつ、大西洋を渡った。だが警視庁上層部は“植民地”からの応援を喜んでいないふしがあり、手がかりの少なさとともに、ジェシカのプロファイリングは難航する。

著者紹介

ウォーカー,ロバート[ウォーカー,ロバート][Walker,Robert W.]
ミシシッピ州生まれ。シカゴで育ち、ノースウエスタン大学を卒業。79年から小説を発表、著作は三十数冊を数える。現在はフロリダに住み、地元の大学で創作について教えている

瓜生知寿子[ウリウチズコ]
英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)