由美子へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784594052072
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

御巣鷹の日航ジャンボ機墜落事故。520名の遺体の中に、一人の元タカラジェンヌの姿があった。無傷で逝った24歳の娘を抱きしめた母の慟哭から21年、今年も御巣鷹の夏がやってきた。長い間の沈黙を破り、決して風化しない娘への想いが心をうつ。宝塚歌劇団同期生、黒木瞳さんによるメッセージ収録。

目次

プロローグ
第1章 おてんばながんばりやさん(由美子のすもも;初めての誕生プレゼント ほか)
第2章 宝塚―出会いと別れ(スカウトにあう;すみれ売り ほか)
第3章 日航一二三便(一報;その日 ほか)
第4章 白ゆりの花咲くころに(終焉の地;御巣鷹の尾根へ慰霊登山 ほか)
今もこれからもずっと(黒木瞳)

著者等紹介

吉田公子[ヨシダキミコ]
昭和9年(1934年)、神奈川県生まれ。県立厚木東高等学校卒業。富士写真フイルム入社。昭和32年、同じ職場の吉田俊三と結婚。一男一女に恵まれる。長女(北原遙子)は27歳で出産(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。