俺が話を聞いてやる―元ヤクザ組長が非行少年たちと向き合った912日間の記録

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784594052065
  • NDC分類 368.7
  • Cコード C0095

内容説明

元暴走族の副総長、振り込め詐欺師、クスリを売る少女、帰る場所のない子供たち…人生の半分近くを刑務所で過ごしたアウトローが、青少年更生に目覚めた。

目次

序章 ある出会い
第1章 克哉、振り込め詐欺師
第2章 暴走族の副総長
第3章 ひとみ。キャバ嬢、17歳
第4章 クスリに翻弄された少女
第5章 5000円で処女を売った中学生
第6章 刺青を入れたケンジ
第7章 歌舞伎町を彷徨う少女
第8章 「私たち、高校を目指してみるよ!」
最終章 人生の3分の1を刑務所で過ごした男

著者等紹介

石原伸司[イシハラシンジ]
1938年、千葉県生まれ。元広域暴力団組長。12歳で家出した後、15歳まで銀座のホステスに養われる。その後、チンピラ時代を経てヤクザの道に。傷害、恐喝、銃刀法違反、傷害致死などを繰り返し、大阪刑務所、長野刑務所、宮城刑務所、府中刑務所を経て、最後は徳島刑務所に服役。のべ20年以上に及ぶ獄中生活を送る。徳島刑務所を出所した後、ヤクザの世界を引退。現在は作家生活に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。