週末号泣のススメ―涙でストレス解消!脳をリセット!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784594050252
  • NDC分類 159
  • Cコード C0095

内容説明

感情で泣くのは、人間だけ。つまり、涙には理由がある。涙には、ストレス物質や快楽物質が。泣いて、心とカラダのバランスを回復。

目次

マリア像が、「血の涙」を流すのはなぜ?―血液と涙の意外なつながり
涙は目からしか流れないと思ったら大間違い。―泣くと、鼻水が出る理由
涙の中にストレスホルモンが!悩みを洗い流すみたいに。―涙とストレスと快楽物質
マラソンでは泣けるのに、短距離レースでは泣けない。―交感神経から副交感神経にスイッチ
「泣きたくても泣けない」って本当?―「感情の涙」は麻酔でも止められない
美しい泣き方って、思いのほか難しい。―まばたきの仕組みをマスター
赤ちゃんはよく泣くようで、実は泣いていない。―まばたきや涙は大人への第一歩
涙を我慢しすぎると、死んでしまう?!―涙と「感情の中断」
悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しくなる?!―うそ泣きの効用
女のほうが男より涙もろいって常識ですか?―男女を隔てる「13歳の壁」〔ほか〕

著者等紹介

安原宏美[ヤスハラヒロミ]
岡山県倉敷市出身。大阪教育大学卒業。専攻は心理学。料理雑誌編集部から化粧品会社に転職。のちに独立。現在はフリー編集者、フリーライター、マーケティングプランナー
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ごへいもち

13
思ったような本ではなかったので飛ばし読み。号泣の記憶の一つは「秋の童話」2004年((o(;△;)o))2020/09/30

ニゴディー

2
再読。 「涙(泣く)」ということをテーマにしたエッセイ。泣くということに関して理論的な情報も多く入れつつ、エッセイとしての読みやすさも両立されている良書。 著者の文章が良かったので、他の人のアンケートやエピソードなどは無かった方が全体の雰囲気として良かったかなと。 著者の書いた他の作品も読んでみたかったのだけど特に無く、残念。 勿体ない。2020/05/15

箱入り嫁

1
★もっと私たちは泣いていい⇒涙は身体と心によいことがわかったから★泣くことが、右脳と左脳を使った 笑いより高度な機能ということを初めて知りました。本、映画、アニメ、うたの紹介もたくさんあったので 参考にされたらいいと思います。 2011/08/20

カモノハシペリー

0
涙は身体にも心にもいいらしい。涙は人間を癒すために存在している。2016/03/24

ドゥーフェンシュマーツ博士

0
あとがき(泣)2016/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/98768

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。