日本共産党の戦後秘史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 467p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784594049799
  • NDC分類 315.1
  • Cコード C0095

内容説明

党幹部の権力闘争、武装蜂起の時代、徹底した党幹部の序列主義…深いベールに包まれていた共産党の実態とは?そして彼らはいま何をしようとしているのか?“除名”された元党員が明かす衝撃の真実。

目次

獄中十八年
「転向」の問題
徳田球一・宮本顕治確執の原点
労働運動の高揚と革命幻想
「革命」の前夜・党分裂のきざし
戦後党史の最大の闇「五〇年問題」―武装蜂起の時代(一)
「軍事闘争」の開始―武装蜂起の時代(二)
「軍事闘争」と警察・検察資料―武装蜂起の時代(三)
「軍事闘争」の内容―武装蜂起の時代(四)
戦闘の数々―武装蜂起の時代(五)〔ほか〕

著者紹介

兵本達吉[ヒョウモトタツキチ]
昭和13(1938)年、奈良市生まれ。京都大学在学中、日本共産党入党。53年、中央委員会勤務員となり、党国会議員秘書に。ロッキード事件やリクルート事件、北朝鮮による日本人拉致事件の真相解明に努めたが、平成10(1998)年、党を除名された。最近はマルクス主義やソ連崩壊の研究に打ち込んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)