• ポイントキャンペーン

扶桑社文庫
日韓新考

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784594048884
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0195

内容説明

マスコミが日韓友好を引き裂いている?韓国市民の本当の日本観とは?真の日韓関係を浮き彫りにする衝撃の書。

目次

第1部 反日感情の表裏(駐在20年の住み心地―「風雨」あっても続く厚遇;人脈頼り利にあずかる―嫌いでも学べの現実主義;私、外国人なんですが―垣根なしの似た者同士 ほか)
第2部 歴史認識をめぐって(贖罪の旅の不思議な体験―敗戦なければ米国知事!?;“神話的”日本女性観―功罪論で解けないナゾ;なぜ「日本に学べ」か―内在的発展論の虚実 ほか)
第3部 隣国のよしみ(古代からの交流―玄界灘は広がったのか?;類似と独自性―近いのに意外に違う;韓国語はおいしい―日本政府の決断の意味 ほか)

著者等紹介

黒田勝弘[クロダカツヒロ]
産経新聞ソウル支局長兼論説委員。1941年(昭和16年)大阪生まれ。京都大学経済学部卒。共同通信社記者、広島支局、社会部、韓国・延世大学韓国語学堂留学などを経てソウル支局長(1980‐84年)。1988年に産経新聞に移り、1989年1月から現職。1992年ボーン上田記念国際記者賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nyantamaru

0
産経新聞ソウル支局長。本は日韓W杯当時のもので新考とはいえちと古い。日本人が韓国について思う以上に韓国人日本の動向に敏感。竹島日本人の関心薄いが韓国民族の象徴の島。親日派に言論の自由ない。植民地近代化論(日本はいいこともした)唱えた韓国作家、外患罪の容疑として身柄拘束、最高死刑。とある橋が落ちた、老人「日帝時代造ったものでこんなことなかった。自分たちで作るとこうか」若者「違う、日帝時代があったせいでこんな橋しか作れなくなった。」韓国マスコミ、王より上の「天皇」使わない。「日王」と表現。さすが産経。2014/04/16

tooka

0
著者は韓国でもコラムを書いているため両者(日本と韓国)にトゲの少ない表現や書き方になっているのが面白い。2006/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/34501

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。