扶桑社文庫<br> 日韓新考

個数:
  • ポイントキャンペーン

扶桑社文庫
日韓新考

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784594048884
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0195

内容説明

マスコミが日韓友好を引き裂いている?韓国市民の本当の日本観とは?真の日韓関係を浮き彫りにする衝撃の書。

目次

第1部 反日感情の表裏(駐在20年の住み心地―「風雨」あっても続く厚遇;人脈頼り利にあずかる―嫌いでも学べの現実主義;私、外国人なんですが―垣根なしの似た者同士 ほか)
第2部 歴史認識をめぐって(贖罪の旅の不思議な体験―敗戦なければ米国知事!?;“神話的”日本女性観―功罪論で解けないナゾ;なぜ「日本に学べ」か―内在的発展論の虚実 ほか)
第3部 隣国のよしみ(古代からの交流―玄界灘は広がったのか?;類似と独自性―近いのに意外に違う;韓国語はおいしい―日本政府の決断の意味 ほか)

著者紹介

黒田勝弘[クロダカツヒロ]
産経新聞ソウル支局長兼論説委員。1941年(昭和16年)大阪生まれ。京都大学経済学部卒。共同通信社記者、広島支局、社会部、韓国・延世大学韓国語学堂留学などを経てソウル支局長(1980‐84年)。1988年に産経新聞に移り、1989年1月から現職。1992年ボーン上田記念国際記者賞受賞