扶桑社ミステリー
アルカイダの金塊を追え―SASプリンス・マルコ・シリーズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 375p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784594046699
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

米英軍によるイラク攻撃が始まって1週間、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイで、浴けた金を口に流しこまれた男の変死体が発見された。男はアルカイダの金の運び屋で、金塊の行方を追うCIAの唯一の手がかりだった。急遽、CIAの伝説の〈雇われ工作員〉プリンス・マルコがドバイに呼び出される。ドバイの貴金属商とブロンドのロシア人娼婦、そしてアルカイダの金塊輸送を取り仕切る凶暴な女テロリストの影…。新たなテロ計画の資金源を断つべくマルコの壮絶な闘い!シリーズ第3弾。

著者等紹介

ヴィリエ,ジェラール・ド[ヴィリエ,ジェラールド][Villiers,G´erard de]
1929年パリ生まれ。大学で政治学を専攻し、卒業後の1956年、ルポ・ライターとしてジャーナリズムの世界に入る。以後ニュースを求めて世界各地をまわり、やがて1966年よりスパイ小説、「SASプリンス・マルコ・シリーズ」を発表しはじめる

小林修[コバヤシオサム]
1954年生まれ。武蔵大学人文学部卒、同大学院仏文専攻中退。仏文翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

absinthe

200
プリンスマルコシリーズ。面白かった!これは湾岸戦争当時のアルカイダの資金源を捜索するスパイの話。このシリーズは拷問の描写が容赦ない。そしてそれは女であっても加減がない。今回も読んでて痛くなる描写がある。実は再読なのだが筋の大半を忘れていて初読みのように楽しめた。2020/06/04

absinthe

47
プリンスマルコシリーズ。1965年開始のシリーズは続いており、創元から50冊ほど出た後翻訳が止まっていたが、最近の作品は扶桑社から復活した。本書は扶桑社の3巻目で、原書は2003年頃に書かれた。マルコはまだまだ元気に活躍しており、クリサンテムやCIA2人組も存在感十分で、アルカイダの資金源を断つために大活躍する。やはりマルコは美女に弱く、エッチに展開するのもお約束。マルコファンならこのリアルさにも感心するはず。UAEの様子もよく解る。それにしても、最近のスパイはみなドバイが好きだ。2016/06/24

0
2004/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/83340

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。