誇大毛想―ハゲが、ハゲを相手に、ハゲを語り尽くす

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 295p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784594046552
  • NDC分類 494.8
  • Cコード C0095

目次

1 「(ハゲは)大人になるチャンス。神様が言ってるんですよ、大人になれよと」(評論家・山田五郎)
2 「ハゲというのはだんだんハゲていくから怖い。それがハゲのプロセス」(漫画家・久住昌之)
3 「かぶると外すのが大変。かぶるのは三日、外すことを決意するまでに三年かかった」(会社員・杉田淳)
4 「モテないハゲは弱気が原因。オネエチャンに『もうダメ。ハゲてなきゃ』って言わせないと」(放送作家・佐々木勝俊)
5 「僕は思うけど、ハゲるにまかせようっていうのはゆるやかな悲しさですよね」(僧侶・上杉清文)
付録 女から見たハゲ「ハゲでギラギラ感がなかったら、もうこの人終わってる、ハイ消えた!って思われますよ」(漫画家・倉田真由美)

著者紹介

神足裕司[コウタリユウジ]
1957(昭和32)年生まれ。コラムニスト。慶応義塾大学在学中からライターのバイトを始める。1986(昭和61)年、渡辺和博氏との共著『金魂巻』(主婦の友社)では貧しさそのものを取材し、1991(平成3)年から『週刊朝日』に連載した「恨ミシュラン」では、食の貧しさを描いた